■カレンダー■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2022年05月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 429127
今日: 1239
昨日: 2187

阪神大震災から27年コロナ禍でも続く祈り
1995(平成7)年1月17日午前5時46分に発生した阪神大震災、発生から27年目のあの日を迎えた。6434人もの犠牲者を出した、大都市での震災だった。標題にもあるように、新型コロナウィルス禍で新しい『オミクロン株』の発出、全国の感染者が2万人を超え、昨年9月頃デルタ-株が猛威を奮っていた第5波以上の勢いで、『オミクロン株』が拡大している。

政府は『まん延防止等重点措置』適用を、1都10県(埼玉・千葉・神奈川・新潟・岐阜・愛知・三重・長崎・熊本・宮崎)に、今月21日(3日後)から3週間程度適用する見込み。かたや15日に発生した、南太平洋・トンガ沖の海底火山噴火は、1000年に一度の大噴火かと報道されている。27年前のあの日、寝ぼすけの私も大きな揺れで飛び起きた。新幹線が動き出す直前の地震で、ある意味助かったとも言える。

阪神大震災の発生した1995(平成7)年は、6カ月前に誕生した『自社さ連立内閣』・村山富市総理の時代で、WTO(世界貿易機関)が1月1日発足し、3日にはWHO(世界保健機関)が世界のエイズ患者が100万人突破と報告している。3月にはオウム真理教による『地下鉄サリン事件』も発生した、今と同じような騒がしい時代であったとも言える。明大卒業生は、村山富市先輩の総理就任に狂喜乱舞した。

近くでの大震災にもかかわらず、43歳の私はなすすべもなく、ひたすら関係者の無事を祈るばかりだった。何も出来ないまま、報道に見入るなか、ボランティア活動も言われていたが、一人であがいても迷惑になるだけとの考えが先行した。振り返って見れば、バイクで行くことも出来た、それが無理なら自転車でも行けたかもしれない。しかし行って、そこで何をするという目標もなかった。

持戒をしながら、27年目を振り返っている。いま神戸やその周辺、淡路島も外見的には完全に復興した。しかしあの時奪われた人の命は、今なお生き続ける人々の心の中、記憶の中にある。私の知る被災者は、幸いなことにけがもなくあの戦場で無事で難を逃れた。ただただ神に感謝する以外、表現の方法を知らない。月並みですが、落命された先人の御霊に哀悼の意を表します。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5497 |
| 社長日記 | 08:19 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑