■カレンダー■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2022年05月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 429004
今日: 1116
昨日: 2187

2022年明けましておめでとうございます
大晦日の極寒が嘘のような、おだやかな新年の元旦を迎えています。新年明けましておめでとうございます。昨年一年、激動の一年でありました。どうにか生き延びた私は、業が落ちて、新たな人生を生きようとしております。50年近く酒類を飲み続け、晩酌のない夕食はなかったのですが、7月から酒類を断ち、あらたな経験を続けています。これもなかなか面白いのです。

年末に『断捨離(身の回りの整理整頓)』をして、リビング・ルームに長く鎮座していた『ウォーキングマシン』を、これまで使っていなかった祖母の元居室、6畳和室に移し、ここにバイク等各種マシンを集めてそれなりの運動をしています。ここの押し入れも、オモチャ部屋も片付けました。妹など、何人かには『健康器具』の引き取りをお願いしました。

大晦日もそうですが、21時を過ぎるとうとうと白川夜船。しらかわ‐よふね【白川夜船・白河夜船】とは、(京を見たふりをした者が、京の白川のことを問われ、川の名と思って、夜船で通ったから知らないと答えたことからという) 実際には見ないのに、見たふりをすること。毛吹草(2)「―見ぬ京物がたり」 熟睡して前後を知らないこと。しらかわよぶね。浄瑠璃、鎌倉三代記「こなたは何にも―」。もちろん②です。

このように、元旦は定時より少し早く目覚めました。身支度をして、歩き始めます。この部屋にも電化センターの佐藤康弘社長に依頼して、壁テレビの設置をしています。動画投稿サイト『ユーチューブ』も、ここで観ることが出来ます。早朝から、テレ朝系の人気番組『羽鳥慎一モーニングショー』が始まっています。過去には日テレの『ズームイン朝』が、元旦の人気番組でした。看板番組も、放送局も様変わりです。

かみさんと雑煮を頂き、彼女は次男坊の㈱ライブイノベーションが運営する『民泊』のリネン交換に出掛けます。ここへ来て『民泊・瀬戸家』も、動いています。私は墓参り、ちきり神社、熊野神社の参拝へ出掛けます。過去には家族6人で出掛けましたが、今日はいよいよ一人になりました。風もなく、元旦の陽光に墓石も輝いています。年末の墓整えから、花筒の水がなくなっています。自然界は、人間の営みとは相関がありません。

神社は、参拝客でごった返していますが、コロナ前の数には及ばず、神様もコロナには敵わないようです。地元仏生山町には、先のちきり神社と熊野神社の二つがあります。経緯はもちろんよく知りませんが、『仏生山町甲』と旧香川町が滕神社、『仏生山町乙』が熊野神社氏子となっています。従って私は熊野神社っ子ですが、滕神社の多田宮司父子さんにも大変お世話になっています。

先の『乙女の像』は、滕神社伝承物語にその起源を持っています。その平成乙女の像へも出向きましたが、近所の方から野辺の花が手向けられています。ありがたいことです。2018(平成30)年11月18日、入魂・除幕式が行われ、3年が経過しもうすっかりこの地の主となっている平成乙女の像。『特定非営利活動法人仏生山魂再開発フォーラム』の最初の仕事が、無事終わりました。

これに意を強くし、昨年末には仏生山コミュニティセンタ隣の空き家を駐車場にする活動に、半分成功しました。「特定非営利活動法人仏生山魂再開発フォーラム」が募金で買い上げ、高松市に寄付する予定で募金が続いています。建物の解体をえて、今は養生テープが貼られています。

年賀状も、約600枚ほど頂きました。自宅配達で、一枚一枚楽しんでいます。どうでも良いことですが、13時からBS-TBSで『007/ゴールドフィンガー(64年英)』を観ています。60年近く前の映画ですが、この頃の007が一番面白いという熱烈なファンもいます。コロナ後を見据えて、取り組む一年になるようです。みなさま、宜しくお願いします。

仏壇の先にテレビ画面があります。先祖もご来光をみてござる


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5480 |
| 社長日記 | 11:54 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑