■カレンダー■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2022年08月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 668352
今日: 24
昨日: 3229

実力伯仲でも英明渾身の勝利高松商先制生かせず惜敗
春の県高校野球の準決勝戦が、レグザムスタジアム(高松市生島町)で、第1試合藤井-丸亀城西は点の取り合いの末、藤井12-9丸亀城西。第2試合は英明-高松商で行われ、こちらも熱戦の末英明が昨秋の雪辱を期して臨んだ高松商だが、結果英明9-6高商で6回5点のリードだった試合を、下馬評通り英明にひっくり返され、英明の勝利で終わった。

英 明 000001512 910
高松商 100032000 68

第三者的には盛り上がった好試合でありましたが、OBとしては大変残念な結果であります。戦前貧打といわれていた高松商の打線は、2番の浅野翔吾選手の初回と五回のホームランの4打点で、一人雄叫びを上げた。高松商8本のヒットですが、やはり要所を英明の石河大空投手に抑えられた。英明は投手陣が、これまでの3試合で無失点。四死球もなく、防御率も0.00。

一方の高松商は、怪我で徳田叶夢投手が登板できず、先発の坂中大貴投手も七回2アウトまで1失点と良く投げたが、見た目にもばててしまった。左前安打で2点を奪われたところで、ランナーを残してマウンドを新2年生渡辺和大投手に譲ったが、リリーフ経験のなさ準備不足などで英明の餌食になった。136㎞のスピードボールも、コントロールが定まらず、犠飛でランナーを進められた後、四球で満塁とされ一発を浴びた。

そして八回に1点、九回にも2点をフィルダーチョイスがらみでもぎ取られ、英明のペースで最終回まで進んでしまった。高校野球はピッチャー8割とかいいますが、渡辺和大投手(1年)をせめられない。良い資質を持ちながら、まだまだこれからと言ったところです。残念ながら高松商の快進撃もここまで、明日は英明-藤井の決勝戦の前に、高松商-丸亀城西の3位決定戦が行われます。

今日の試合は、選手はもちろん監督・正副部長も良い経験になったと思います。次は新1年生を加えて新チームが出来、夏の大会に備えることでしょう。手のあいだから滑り落ちた勝利が、選手を強くします。楽しみです、さあもう一つ勝つと、四国大会出場ですかね。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5211 |
| 社長日記 | 06:02 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑