■カレンダー■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前月 2021年01月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 3222491
今日: 268
昨日: 1445

年賀状の今昔2021
日本郵政の年賀状の点検が、やっと終わった。私は暑中見舞いは失礼派ですが、年賀状は力を入れて作って、それでも今年は昨年からカットして都合1,000枚の賀状を24日までに投函しました。年賀状は総務の大西香子さんが、もう10回は作ってくれています。それも昨今は、足元のプリンターで時間を掛けてプリントしています。とは言ってもおざなりの、プリント印刷した年賀状に過ぎないのですが。

表も裏も、彼女のコンピューターからはき出されます。文章は私が作りますが、イラストは大西香子画伯の作品であります。届かなくて帰ってくる可愛そうな子が、10~15枚はあります。『あれ、どうして』と思う人のは、電話をして確認して『再配達』と朱書きして63円切手を貼り直して、配達をお願いすることにしています。

今年の俗に言う年賀状は、増えたのでしょうか。弊社は2割ほど減しましたが、その作業は私がすべて行います。増やすのは比較的簡単ですが、リストから『NO』にするのは、大いにためらいます。それでも1件一件、関係性や昨年貰ったかなどを考慮しながら選択します。小欄の読者でも、今年は届かなかったという人もいることでしょう。ゴメンなさい。

頂いたモノも私は一枚一枚拝見して、自分のアドレスデーターと比較します。年末年始はノートパソコンがトラブって、どの人に送ったか分からなかったのですが、今日すべての受信した年賀状を確認しました。頂いていながら、お送りしていないほんの一部の人には追加で送りましたが、それにも限界があります。

今年の拝受した年賀状の総数は、730枚でした。われわれの商売では、出さなければならない人と、頂く人は異なる場合が多いのです。つまり相手にとって客先の弊社には、出さないわけにはいかない。逆に弊社からの客先へはこちらから出しますが、返信は滅多にありません。全くプライベートとなると、これが概ね一致するようになるのでしょうね。

書いてあることも読みます。今年が最後だという断りも、中にはあります。それはそれで良いと思います。またネット社会ですから、eメールやスマートフォンの一斉送信も手の込んだモノがあります。それぞれの思い思いで、新年の喜びが伝わればそれで十分かと思います。弊社も私がやめたら、『失礼します』となるようです。

時代だと言ってしまえばそれまでですが、年賀状には多くの情報が詰まっています。またそれに気がつかなければ、いけないのです。コンピュータデーターを見ないと心配ですが、この人は出しただろうという程度の瞬間芸は、まだ出来ます。データーと付き合わしながら、来年は出さないとと考えて、同時にデーターの整理をしています。

以下に弊社の力作(駄作ですが)と、今年一番のインパクト作品を貼り付けておきます。頂きながら失礼しているみなさま、本年も宜しくお願い申し上げます。

2021弊社年賀状 杉本量平作

遠藤素弘作 高商野球部後援会

きくしま歯科医院作 田川健三作 西精工㈱作


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5118 |
| 社長日記 | 09:12 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑