■カレンダー■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前月 2021年01月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 3222481
今日: 258
昨日: 1445

子どもは親のかすがと言われるのだが祖父母のかすがいでもありました
28日の夜から、ジジババはちょっとした口喧嘩から、私は翌29日は絶体に口をきかないと決めて朝を迎えていた。ところが嫁らかバァバァのスマートフォン(スマホ)へ、第二子誠輝の検診へ行くから「百笑ももえ」の面倒を見てくれないかという連絡があったとのこと。何もなかったら冷たい一日になったが、「百笑ももえ」が来るなら状況が変わる。

と言うのも、私の顔を見たら「百笑ももえ」は『バァバァは』というのです。子どもは親のかすがと言われるのだが、祖父母のかすがいでもあるようです。ももえを中央町へ迎えに行って、拙宅まで帰ってくるのにやはりかみさんと口もききます。内心腹が立つのですが、背に腹はかえられません。

孫は「来ても良し帰っても良し」と言われるように、同居していたら『日常』だからさほど気も遣わない。それがゲストとなると、『非日常』。特別扱いをすることになり、正直疲れる。昼寝させようとすると、散歩をねだられ、付き合うことになるのだが疲れる。ぐずると、バァバァのスマホを貸すか、近くのスーパマーケットへ誘う。

スーパマーケットでは、子ども用カートを自分で押したがる。クリスマス前は『アンパンマングッズ』を幾つも手に取り籠に入れるが、暫くしてジィジが元の棚へ返す。レジへ行くときは、『プチトマト』と『アンパンマンパン』の2つ。帰りの車内で、2つはぺろりと食べる。そうそう食べることでは、男子に負けない。二歳四ヶ月ながら、順調に成長している。

これはマイカーの運転に似ている。教習所に通っている頃は、毎日疲れ切って帰ってくる。それが運転免許証を獲って50年にもなると、確かにピークを過ぎるが、それでも考え事をしながらでも運転は出来る。これが「慣れ」というモノで、『日常』であります。

『盛和塾香川』は1年前に解散したが、その流れの『香川胆識の会』で復習をまだ続けている。『機関誌マラソン』と言って、週一で機関誌の塾長講話を読んで、読書感想文をグループ内メンバーに送ることをしています。私は2周目を走っていますが、1周目と違った感想になっている。『輪廻転生』、つまり生まれ変わり説を信じるようになってきたのです。『心を高める、経営を伸ばす』が、合い言葉です。

つまり魂は、来世まで持って行く。肉体は消えてなくなるが、魂はつながっていると言う。われわれ経営者を諭す言葉ではあるが、『心を高める、経営を伸ばす』というのは、誰にも共通する名言だと思います。心の純化、浄化、深化に努め心を高め立派にしていくことは、次があるならやって決して無駄なことではない。

こう考えると、まさに天下一品のジィジ馬鹿だが、子どもや嫁とは、顔や行動はよく似ても考え方が違うから喧嘩もするのだが、孫には教えられる。『とんびが鷹を生む』とか言うが、輪廻転生で前世の魂を持って生まれ代わるのなら、孫に教えられることもあり得ないことではないと考えるのですが。ジィジ馬鹿です。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5109 |
| 社長日記 | 10:18 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑