■カレンダー■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前月 2021年01月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 3222537
今日: 314
昨日: 1445

岡山後楽ライオンズクラブ認証60周年記念式典
1996(平成6)年4月、わがクラブ31代太田質会長の時に、岡山後楽LCと高松栗林LCは、友好クラブ提携をしました。私も在籍していましたが、29代浅田善太郎会長の幹事としてお役が終わり、30代塩田博志
会長の無茶ぶりから解放された頃で、詳しい経緯は存じ上げませんが、岡山後楽が1960年12月結成、高松栗林が1962年10月と比較的歴史が近いこと。

そして岡山後楽LCが、岡山一番の岡山LCの孫クラブ(岡山烏城LCが親クラブ)にあたること、高松栗林LCも高松一番『高松LC』の孫クラブになっています。高松栗林の親クラブは、高松玉藻LCであります。コロナ禍にあって、親クラブも運営に苦労されているようでございます。勿論わが高松栗林ライオンズクラブも、大変苦労しています。

それから名園の『後楽園』と『栗林公園』を冠していることが、大きく関係していると聞いています。岡山後楽ライオンズクラブは一口に言って『真面目優等生』、高松栗林ライオンズクラブは『破天荒やんちゃ』とこれはあくまでも私の直感ですから、どなたも怒らないで下さい。

そんな中これまでの26年間、岡山後楽LCとは花見例会やお茶会例会、また会場を中間地点の児島ホテルにして、相互乗り入れの合同例会など、これまでいろいろな機会で交流をさせて頂いております。また岡山出身の高松栗林、逆に高松出身の岡山後楽メンバーがいたり、マリンライナー号で1時間、程よい距離で交流が続いています。

さて本日の60周年記念式典ですが、会場は例会会場の『アークホテル岡山』JR岡山駅から徒歩5分位のところに位置する会場で、240人収容で90名の登録ですから、十分なソーシャルディスタンスをとり、検温・消毒・マスク着用を徹底しての記念式典・祝賀会でした。加えて祝賀会ではアルコールの提供がなく、そのせいか、アトラクションにも聞き入っていました。

岡山後楽ライオンズクラブは1960年に結成されたのですが、来賓挨拶の中で、当時岡山駅近くの『某会館』に入会候補者が集められて、綱を張ってここから左の人は『岡山後楽ライオンズクラブ』ここから右の人は『岡山東ライオンズクラブ』に入会するのですとか、そんな乱暴なやり方をしたとか。真偽の程は定かではありませんが、仲が良さそうです。この頃に、全国各地でライオンズクラブが結成されたのは事実であります。

そもそもライオンズクラブ国際協会は、アメリカのシカゴで1917年6月7日誕生しました。100年が経過しています。創設者はメルビン・ジョーンズ。彼は保険代理店を経営するなか、「人のためになることを始めるまでは成功したとはいえない」という個人的信条で、世界中の公共心ある人々を導く理念となりました。彼は1961年6月1日に82歳で亡くなりました。

ライオンズクラブは、社会奉仕団体「ライオンズクラブ国際協会」に所属する単位クラブであります。そのスローガンは、"We Serve"であります。ロータリークラブ(RC)のように社会奉仕活動を、職域や個人で行うだけでなく、集団のチームワークで有意義に効果を高める目的の友好団体であります。一般的にロータリークラブは金銭的奉仕、遅れて10年後に発足したライオンズクラブは、金銭的奉仕+労働奉仕を信条としています。

従ってゴミ拾い(岡山後楽ライオンズクラブは海底ゴミを今年も拾うそうであります、高松栗林もこれに協力しています)とか、献血とか、「密閉・密集・密接」になる活動が多いのです。また特徴として、海外のクラブとの『姉妹提携』も多い。ここは『中華民国台南縣國際獅子會』との交流がありますが、本日はビデオ会議システム「Zoom」参加となっています。



最後に、祝宴(祝賀会)のアトラクションについて少しだけ。このクラブは、『岡山カンタービレ支部』を持っています。合唱団ですが、それをクラブの支部として組織しています。確か一井淳治ガバナー(2006.7-2007.6会長)の時だったと思います。また『レオクラブ』(若者のメンバー見込者)を持つのも特徴です。





周年のアトラクションと言えば大金をはたいてと言うモノもよく見かけるのですが、岡山後楽ライオンズクラブは、この『岡山カンタービレ支部』の合唱と、オカリナ制作演奏家『軽部りつこ&小鳥とリズム』のオカリナ演奏でした。岡山出身の軽部りつこさんは、オカリナを岡山産桃の形で作って岡山らしさをPRしています。



勿論冒頭の演奏曲は、『桃太郎さん桃太郎さん、お腰に着けたきびだんご、一つ私に下さいな』あの曲です。次からは本格的な曲でしたが、「ベース・ギター・アコーディオン・パーカッション」の4人組の『小鳥とリズム』もよかったですね。パーカッションは、手で太鼓を叩くのですが手の動きに加えて、私のような『貧乏揺すり』をしています。その足には、鈴がついていました。

新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、周年記念式典が次々に中止になる中、高原俊彦会長(元県職)をはじめ、清水直樹大会委員長(医師)らメンバー40名の団結で、素晴らしい式典・祝賀会でした。今日ばかりは、『負けた』と反省し、研鑽に努めます。高松栗林ライオンズクラブからの参加は、会長代理・L橫井靖司(第1副会長・次期会長)と幹事・L大桃一浩と会計代理の私でした。どこも、3役限定の招待となっています。

感謝状贈呈

L橫井靖司の挨拶

追記ですが、マリンライナー号は往復同じルートを走りますが、眼下には岩黒島や与島が見えます。小学生児童らを乗せて沈没した現場このあたりです。船長が逮捕されたようですが、死傷者がいなくて本当によかったですね。イカダの竜宮城で釣り客は見えませんでしたが、あたりには遊漁船が多かった。ここでは、「密閉・密集・密接」もありません。

お洒落だね

| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5072 |
| 社長日記 | 11:17 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑