■カレンダー■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<前月 2020年06月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2595642
今日: 897
昨日: 1765

マスク1万枚を三豊市に寄贈三豊市国際交流協会の稲田覚会長
新型コロナウィルスの感染拡大を受け、三豊市国際交流協会(稲田覚会長)は19日、市にマスク1万枚を寄贈した。交流のある海外の団体などから稲田覚会長のもとに寄せられたモノで、市は稲田覚会長の希望に沿い、放課後児童クラブや幼稚園、保育所などに配るほか、緊急時のために備蓄するという。

この日は三豊市役所で贈呈式があり、稲田会長が「バングラデシュやカンボジアなど7カ所からマスクが届いた。子どもやお年寄りを守るために活用して欲しい」と挨拶している。実はこの話、過日4日のオイスカ四国支部常任幹事会で、オイスカ三豊推進協議会の稲田覚会長から紹介されていた。

稲田覚会長は三豊市の各種団体の長をされていて、先の7カ国などに小学校を提供したり、国際NGOのような活躍をされています。オイスカ活動もその一つで、オイスカ四国支部三豊推進協議会のトップとして、東南アジアに活躍の舞台を数多く持っています。そこで「日本のイナダが困っている」なら、マスクをかき集めて贈ろうという動きになったようであります。

三豊市の山下市長は、「品薄な状態での寄贈はありがたい。感染の予防に向けて最大限利用させていただく」と謝辞を述べていた。新型コロナウィルスという世界へ蔓延する悪玉もあれば、このように困っていたらお互い様という善玉も、今回のこの機会にハッキリしました。世界は、善も悪しきもつながっています。

蛇足ですが、オイスカ三豊推進協議会の稲田覚会長は、先の2月10日(月)、みとよ未来創造館で、渋沢健氏の講演会を主催されています。渋沢健氏は、大正5年(1916年)に『論語と算盤』を著し、「道徳経済合一説」という理念を打ち出した渋沢栄一の孫の孫。来年の、NHK大河ドラマの主人公であります。いろいろ善行を重ねる稲田覚氏から、益々目が離せなくなっています。

結果的に、昨日の初ダイも今日のマスクも三豊市つながりでした。

| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4826 |
| 社長日記 | 08:57 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑