■カレンダー■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前月 2021年10月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 3988485
今日: 1182
昨日: 3185

盛和塾香川解散例会
令和元年12月26日(木)、喜代美山荘花樹海において、標題の例会が行われました。稲盛和夫塾長の意向で、全国世界の盛和塾が解散になりました。諸橋事務局長や池田事務局員の話しでは、今日の香川塾での解散式が最後だと聞きました。天皇陛下の生前退位と同じように、稲盛和夫塾長がお元気なうちの解散は、笑って「あばよ」と言えて嬉しい。

盛和塾は昭和58年に、京都の若手経営者が立ち上げた盛友塾が原点で、36年間、世界中で1万5千名の塾生がいます。香川塾は1991(平成3)年高松JCのメンバー、中でも平田喜一郎氏を中心に20名で発足したと聞いています。その際に、京都で塾長面接があったと聞きました。地方都市としては、早く開塾出来たのも、先輩のお陰であります。

この花樹海のオーナー三矢昌洋さんも塾生で、1990年に完成したこの花樹海の完成直後に、稲盛和夫塾長に特別室を提供したと本席で披露されていました。20名のチャーターメンバーのうち、大西大介さん喜多克幸さん、中野屋社長中野吉貫さんや平田喜一郎さんらも駆けつけて、総勢76名の香川塾生で盛り上がりました。

喜代美山荘花樹海は、高松市内を見下ろす高台にあり、眼下にはサンポートや瀬戸内海が一望できます。三矢昌洋さんが土居建設の土居社長と、ここへ何度も座って構想を練ったと聞いています。今では県下一の宿泊施設(旅館)となっていますが、大変な苦労があったと漏れ伺っています。三矢昌洋さんも会長に就任されていながら、県観光協会会長等の公職が多くあります。

総会は米田守宏代表世話人が議長で、粛々と30分で終了、その後解散セレモニーが行われ、中橋政彦氏の司会でながく専任事務局を担当されたヒューテック総務の廣瀬康裕氏へ花束が贈られました。28年3ヶ月、長いようであっという間であったと廣瀬康裕氏は語る。稲盛和夫塾長28年間で6回塾長例会等で来高された。

しかしこの数字に対して大西大介さんが、「塾長はお忍びで毎年のように来ていた」と大暴露。平田喜一郎さんも否定しなかったところを見ると、稲盛和夫塾長はうどん県が大好きだったようです。今日は解散例会、余剰金を残すなと、大勢で二次会まで繰り出しました。香川塾は次に、「香川胆識の会」として新たに1月発足します。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4739 |
| 社長日記 | 09:47 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑