■カレンダー■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2020年07月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2663583
今日: 869
昨日: 2885

看護職2025年には最大27万人不足予想
厚生労働省は21日、看護職員(看護師・准看護師・保健師・助産師)が2025年に、全国で約6万~27万人不足するとの推計を発表した。訪問看護などの利用が多い都市部で、不足が顕著だった。同時に2025年は、団塊の世代が全員75歳以上となり、社会保障費が急増する別の2025年問題も抱えている。

厚生労働省は、今後看護職の勤務改善が「働き方改革」で改善された場合を想定している。残業時間と有給休暇の取得を、3つのパターンに分けて、それぞれ必要数を試算した。現在の勤務状況に最も近い「残業10時間以内で有休10日以上」で見た場合、看護職員は27都道府県で不足しており、先に書いたように都市部がピンチであります。

最も不足するのは、神奈川県で充足率72.6%(3万2千人不足)。続いて大阪府の74.8%(3万6千人不足)、東京都77%(4万2千人不足)。幸いなことに香川県は、105.4%で約800人供給が上回る。香川県は、20日の宅地建物取引士試験会場の一つ、県立高松南高校にも古くからの看護科があり、私の中学校の同級生「大久保芳恵」さんは、高松日赤の看護婦長さんまで勤めた。

既に退職しているが、再就職はしないで、各所茶会には着物姿で顔を出している。二宮尊徳も、各地での新田開墾秘話が評判になって、そのため将軍に呼ばれて江戸城に登城したのだが、農民の二宮尊徳は習ったこともない羽織袴に袖を通し、大名かと見まがうほどの見事な立ち居振る舞いをしたと言われています。私はこの二宮尊徳が大好きで、昨日の小欄に伊吹島の尊徳像を敢えて掲載しています。

旧姓助安芳恵さんも、中学生の頃はそう飛び抜けたリーダーではなかったモノの、その立場が人をそうさせるのだろうと思います。稲盛和夫塾長の話しにもこのくだりは、よく登場します。県下では高松南高の他に、四国学院大学香川西高等学校・私立・香川県三豊市、尽誠学園高等学校・私立・香川県善通寺市、香川県立飯山高等学校・公立・香川県丸亀市、藤井学園寒川高等学校・私立・香川県さぬき市等に看護科があります。

この数は、香川県5校に対して愛媛県3校、徳島県は1校、高知県2校です。香川県はこのほかに5校の看護専門学校があり、ここでも看護師資格の取得が出来るようです。私立が多いのも、就職が100%出来るからでしょう。今も昔も、看護職員は大切な存在です。

また不動産仲介業の立場から言っても、彼らに救われることが多いのです。過去に、敷地300坪の築浅中古住宅の仲介に携わりました。敷地内にあった古い建物で親子の自殺があった「心理的瑕疵物件」です。その時は既に、「お祓い」をして解体し、駐車場になっていて相場の半額の4千万円で、一人親世帯の女性看護師さんが購入してくれました。

また賃貸物件でも自殺があり、こちらは通常家賃の半額で男性の看護師さんが借りて下さいました。もちろん昨今のことですから、事前に心理的瑕疵物件であることを告げて、了解のもとで斡旋します。人の死に前向きなのも、看護師さんの特徴かとも思います。私の従兄弟も、看護師がいます。大変な仕事だと、私は大変尊敬しています。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4671 |
| 社長日記 | 08:46 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑