■カレンダー■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<前月 2019年09月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 1987787
今日: 1178
昨日: 2927

ライオンズ農場の草刈り2019夏
今日も、楽しい草刈りでした。高松栗林ライオンズクラブでは、青少年の健全育成という観点から、高松中央小学校(旧松島小学校)子供会と共同して、子ども体験農場を、もう30年以上にわたり取り組んでいます。今年の収穫品は、サツマイモです。子どもらと一緒に、5月連休前に植え付けをしています。

私もサツマイモの作付けを、自分の畑でもしていましたが、水の管理等が容易で、植え付ければ収穫できるという優れた農産品です。しかし草は、追肥の影響もあり、どんどん伸びています。今日は、L藤本尊載が委員長の委員会メンバーを中心に、8時から作業にあたります。私とL那須雅人が草刈り機を持ち込み、入り口付近の雑草を刈ります。

L藤本尊載は弁護士で、草刈りの経験などありません。その点を考慮して、私も所属委員会は違いますが駆けつけました。前日は高知にいて、「泊まれ」と言われたのですが、今日の作業のため、最終便で帰って来ました。金曜日のコトデンは「零時便」があり、心ゆくまで呑んで帰れます。

作業は1時間ほどで終わり、と言うより1時間ぐらいしか出来ないのです。このところ「草刈り」と縁がある私ですが、1時間ぐらいして休憩して、そしてもう1時間程度はできると思いますが、ここでの小休止が「作業完了」の合図となります。この後は、近くのファミリーレストランで「お茶」にします。

このお茶の時間が楽しいのです。朝食を食べて来た者も、「モーニングセット」を注文します。米が主食の「和定食」も用意されています。コーヒーを飲みながら、ライオンズクラブに関する話題を自由闊達に討議します。比較的会歴が浅いメンバーが中心ですから、私などが疑問への回答者の一人となります。

この農場の状態であれば、秋には豊作のサツマイモが収穫できると思います。子ども体験農場、暑くて面倒ですが、今年もそれなりの効果を発揮することでしょう。みなさん、お疲れ様でした。私はこれから着替えて、オイスカの「トゥ」さんの研修修了式へ駆けつけます。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4609 |
| 社長日記 | 10:07 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑