■カレンダー■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2019年07月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 1770874
今日: 1176
昨日: 3267

令和元年度仏生山商工振興会総会
総会が続いていますが、いよいよ地元の総会が始まっています。総会と言えば、なぜかしら「おめでとうございます」と来賓は言います。おめでたいと言えばおめでたいのかも知れませんが、執行部としては、そうも浮かれているわけにも参りません。監査とか、準備にあたふたします。上程案は、すべて原案通り可決されました。武下重美仏生山商工振興会会長体制が続きますが、会長は若返りを仕掛けています。

これと同じ様に変だなと思う慣習は、衆議院の解散宣言です。夏に同時選挙があると言うのではありませんが、なぜか解散決定後に、「万歳三唱」と若手議員が叫びます。あれもなぜなんですかね。再就職が叶うかどうか分からない状態で、万歳はないと思いますが、それも100年続く伝統なのですね。

さて本日は、19時から地元「観翠」での総会でした。総会会場は、町内の飲食店の持ち回りです。会員増強も課題ですが、私もテナント斡旋では地域外であっても、仏生山町の周辺であれば、会長に事前承認を得て入会を勧めています。例えば出作町に出来た「わたなべ耳鼻咽喉科医院」も、新会員さんです。今時ですから出店は、学習塾・美容室・医院・調剤薬局等、傾向があります。

もう一つの活動である「大売り出し」が夏と冬、総力を挙げて取り組んでいます。私は「みんなの病院(高松市立病院)」北側にこれから建設予定の高松市南部中核センターの1階を開放して、丸い商店街を作りたいと発言しています。市庁舎の出先は、エスカレーター等で2階から上に作れば良いと思っています。

もはやこれまでの長い商店街は、ここ仏生山町でも崩壊しています。限られた範囲で、必要なモノを販売することが、三方よしの商いになります。創意工夫次第で、仏生山商工振興会は存続すると考えています。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4543 |
| 社長日記 | 10:11 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑