■カレンダー■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<前月 2019年06月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 1704821
今日: 3307
昨日: 3817

知事賞受賞記念品ブログに綴った感謝の16年会長日記が本に
驚きました。社長が大きな一塊の荷物を持ってきて、「知事賞受賞記念品」だという。開けろというので、開いてみてビックリ。そこに写真の本が積まれていました。何とこれまでの16年間、松野不動産株式会社の会長日記欄に書いた「会長日記」全5900編の中から、社長が全部読み163編にまとめたものです。

毎日書く方も馬鹿なら、全部読んでそれを上梓するというのも馬鹿の類いかも知れません。社員全員がグルで、私には何も伝えられていません。「写真がないか」と言うモノで、ここにあるとパソコンの中身を提示したが、そこには私が写した写真があっても、私が写っている写真は少ない。そこで困った社員さんは、家族写真で紙面を埋めた。

その「はじめに」(2002年11月1日)の冒頭に、「社長独白日記」として、そのきっかけが書かれてあります。三日坊主の私が、棚元政夫(アルミファクトリー株式会社社長)という弱冠31歳の社長に触発されて、「社長の独白日記」をこれから毎日書くことになった。この棚元政夫氏とはこの後、盛和塾でも再会するのだが、彼のアドバイスがきっかけになったのは間違いない。

きっかけは今年(2002)3月、とある勉強会で10数人の仲間と出会ったことにある。共通項は超高い受講料を払って「社長のセールス革命」というセミナーの受講生というだけ。気まぐれで始めて、ホームページに掲載するだけで、どこまで続くか、ストレス病になってまで書くつもりはありません。このように予防線を張って始めています。それが結果として、今日も書いていますが16年間余、不思議に続いています。

問題は海外でのアップでした。初期の頃のロシア等は、写真付きでインターネットに上げようとすると、40分ほどかかりました。ビジネスルームで、ひたすらアップするのに苦労しました。それを経験として、ルーターを持ち歩きするようになりました。それでも届いたり届かなかったり、フィリッピンセブ島沖合20㎞のカオハガン島も、届くところ一箇所へ移動して送信していました。

「おわりに」ある日、父の友人から「ブログを書籍にしてあげたら?」と勧められました、普段はロクに読んでもいませんでしたから、その時は全く気乗りしませんでした。それから半年後、なぜかこの本の編集に着手した自分がいました。5900本を超える記事の量は非常に膨大で、読解作業だけで4ヶ月かかりました。出版前に元号も変わってしまいました。

親孝行といえども、こんな苦労は誰にもおすすめしない。これが私の正直な感想です。最後に、私の箝口令を守り、出版まで父には内緒で協力してくれた従業員・編集者・家族の皆さんに感謝申しあげます。

中身ですが、「感じたことを徒然なるままに」ですから多岐に渡りますが、「会社関係」「ライオンズクラブ」「香川県中小企業家同友会・盛和塾」「コトデン」「讃岐のうどん・ラーメン」等の巻でなっています。社長の選択ですから、私も一読者となって喜々として読んでいます。令和最初の知事賞受賞も嬉しかったのですが、この副賞が二乗倍嬉しい。父の友人とは、湯川正だと思う。ありがとうございました感謝。




| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4524 |
| 社長日記 | 10:24 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑