■カレンダー■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2019年05月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 1601014
今日: 1115
昨日: 3292

高松商残念無念のサヨナラ負け
春季四国地区高校野球大会の二日目、第1試合は明徳義塾(高知県1位)が、松山聖陵(愛媛県1位)を10-0のコールド勝ちし、明日の決勝戦に駒を進めた。第2試合は、高松商(香川県1位)と富岡西(徳島県1位)の戦い。9回裏、一点差の富岡西は、先ず同点に追いつき、3番坂本へのワイルドピッチでサヨナラ負け。

見ている者は、一点差の9回、これまで2点に抑えていた右腕中塚公晴投手(10)から、川原稜矢投手(11)へのスイッチに「何があったのか」と思った。ライトに香川卓摩投手が入っている。中塚公晴投手に問題が発生したのなら、ここはエース香川卓摩投手の当番になろう。それが、川原稜矢投手を出して負けたのは、「なんで」と思う。

ここは長尾健司監督が、上記と違う思いで、川原稜矢投手を送り出したのだと思う。勝ち負けは結果だから、昨日のように危なく勝つ時もあれば、負けることもある。総合的に富岡西が、高松商に勝っていたのだ。監督の采配に、とやかく言うのはこれで終わりにしよう。長尾マジックで、ようやくここまで来た弱小チーム力。決して四国一になるような、強いチームではない。

思ったより良かったのは、右腕中塚公晴投手の好投。7回と9回には三振がなかったが、毎回に近い8回8奪三振。与えた得点は8回の2点だけ。ただ4回、牽制球を暴投するなど、荒い動作が表に出た。四球3、死球2、それでも5回まで、ノーヒットノーランの好投だった。6回1本、7回2本、2得点を与えた8回は、ヒット3本を集められた。

中塚公晴投手が打たれたのは、後半の6回7回8回に集中している。8回は、富岡西の仕掛けたスクイズをファールに、それも同じ4番前川に対して追い込みながら四球。完投するだけの体力がないことに気づき、これからの課題を垣間見たことだろう。大きな収穫だが、ここで投手交代となった。

リリーフ川原稜矢投手(3年)は、公式戦では初めて見た。9回先頭、7番木村選手に四球。これまで2三振、7回2アウト2塁3塁のチャンスにも、遊ゴロに終わっていた木村選手に対しての四球がすべての始まりだった。

8番代打成松選手を三ゴロでまず1死。9番捕手粟田選手には、先発中塚公晴投手が1安打されているが、BBBSBの四球。1番投手浮橋選手には、SSBBからの投球で内野ゴロだが、一ゴロエラー。2番阿部選手のセンターフライでまず1点、これで同点。3番坂本選手にワイルドピッチで、三塁からサヨナラのランナーが生還。高松商は逆転サヨナラ負け。

打線だが、10安打しながら3点どまり。富岡西の浮橋投手は、先の選抜大会で優勝した東邦(愛知)を3失点に抑えた好投手。再三の好機に、飛打が多かった。高松商らしい連打が見られなかった。次への課題が見えた、令和初の春季四国地区高校野球大会だった。ホテルの心配もしたが、ネットで見たら今から泊まれるホテルは2万円超えだった。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4497 |
| 社長日記 | 11:43 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑