■カレンダー■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2019年05月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 1601042
今日: 1143
昨日: 3292

高松藤原塾April 2019
経済アナリストの藤原直哉氏を講師に迎えて、高松藤原塾が、香川県社会福祉総合会館で開催されました。もう19年続いているそうです。最初のきっかけは、「香川県FP(ファイナンシャルプランナー)事業協同組合」の発足式に、里坊税理士が推薦したことに始まります。事業協同組合は、法律に則って設立する組織で、香川県の認可が必要でした。

今では、事業協同組合はほとんど姿を消して、NPO法人がその役割を担っているように思います。設立当初の香川県FP事業協同組合は、私が理事長で、士業で固めていました。理事長退任から、程なくして解散しました。その当時の、時代の寵児だったように思います。この時に、今でも続いている「宅建業者の職業賠償責任保険」を、三井住友海上保険と組成しました。

ところで本日の藤原塾、ますます話を聞きたいと思う藤原直哉氏の話し。政治経済・国際問題等多岐に渡り、新聞テレビではお目にかかれない深い話しまで、それはそれはワクワクする内容です。今私がリュックに入れて持ち歩いている「裏切られた自由(ハーバート・フーバー)」は、彼がアメリカ大統領退任後、民主党ルーズベルト大統領の仕事ぶりなどを赤裸々に書いています。

いわば50年間出版できなかった本ですが、この類いの話にも精通している経済アナリストの藤原直哉氏です。「令和」この時代の大変さを、詳しく話してくれていました。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4474 |
| 社長日記 | 09:34 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑