■カレンダー■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前月 2019年08月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 1890258
今日: 2498
昨日: 3559

平成乙女の像ついに四国新聞歌壇に登り詰める
岡田泠子さんが来社され、12月17日(月)の四国新聞を持参された。留守の従業員は、訳も分からずその新聞を預かった。私も地元紙はよく読む方だと思うのですが、流石に「歌壇」まで目を通すことはありません。本日は武藤忠数と一緒に、平成乙女の像寄付者の何人かに、お礼参りをしていました。

「長堤少女の像の除幕式人柱てふ伝説今に」という短歌が掲載されている。11月18日(日)の平成乙女の像除幕式のことを謳っているのか。岡田さんへ、お礼の電話を入れた。てふとは、「とい(言)ふ」の変化したもの。有名なところでは、「春過ぎて夏来(き)にけらし白妙(しろたへ)の衣(ころも)干すてふ天(あま)の香具山(かぐやま)」がある。「衣干すちょう」と、聞いたこともあるが。

私はこの類い(俳句・短歌)の手習いは全く素養がなく、恥ずかしながら善し悪しは出来かねますが、佳作に選ばれて掲載されているので、間違いなく秀作と言えると思います。ありがとうございます。寄付者へのお礼参りも限られますが、今は正式な芳名板づくりの校正にいそしんでいます。年内には完成して、記念碑の表裏が揃います。やっと6年越しの計画が、終わります。

愚痴になりますが、最後の方は1万円を目標に声がけしましたが、なかなか1万円は頂けません。心も折れそうになるのですが、不思議と腹が立ちません。1万円という大金は、そうそう簡単に頂ける金額ではありません。このことから芳名板の上には、「平和と繁栄が続きますように」と書き刻みました。

100年後には、再度乙女の像のやり替えがあると思います。その時は今の価格650万円(台座をやり替えるなら800万円はかかったと思います)より、数倍の費用がかかると思いますが、その時もこの街周辺が賑わい繁栄していることを祈っています。岡田泠子さん、ありがとうございました。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4360 |
| 社長日記 | 08:21 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑