■カレンダー■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前月 2022年07月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 543119
今日: 2594
昨日: 2878
 

高松空港国際線再開へ
岸田文雄首相は20日、新型コロナウィルス対策の水際対策を巡り、7月から仙台、広島、高松の各空港で国際線の発着を再開する方針を明らかにした。地方空港の国際線発着を巡っては、政府は6月中に新千歳・那覇空港で再開する方針を示していた。一方、高松空港に乗り入れる国際線4路線(ソウル・上海・台北・香港)は最長9月まで運休を決めており、再開時期については流動的だという。

高松空港の国際線は、新型コロナウィルスの流行に伴い2020年3月以降、全4路線が運休中で、今月10日から一部空港で訪日外国人の受け入れが再開される中、浜田恵造香川県知事は高松空港でも早期再開が出来るよう国などに要望していた。この際には、磯崎仁彦内閣官房副長官が随分力になった。彼の誠実さ溢れる真摯な態度は、人を動かす。

4路線のうちソウルと上海は7月末、台北と香港は9月までの運休を決めている。高松空港株式会社は、再開には検疫体制の整備が必要とした上で、具体的な再開時期については相手の航空会社次第としている。運休期間が、短縮される可能性もあると述べている。特にソウル便などは、新型コロナウィルス禍もあるが、国同士の付き合い方法(最恵国待遇扱いを日本は外した)にも問題が山積している。

香川経済同友会の木内照朗代表幹事は、「8月5日(金)にはじまる『瀬戸内国際芸術祭2022夏会期』に間にあえば、来場者の増加にもつながる」と期待を寄せる。県観光協会会長の花樹海オーナー三矢昌洋さんは「コロナ禍の2年半、台湾や香港などの代里店と連絡を密に取り関係をつないできた。全てはこの日のために。いよいよ来たかという気持ち」と感慨深げだったと報道されている。彼は再開されたら、また次の新手を考えるだろう。

個人的な話題で申し訳ないのですが、小欄でも既報の次男坊が民泊をやっています。国内客は動き始めているのですが、高松空港が開くと、海外からの観光客が増えると喜んでいるのです。特に現代アートのトリエンナーレ(3年毎)「瀬戸内国際芸術祭」には、欧米人がなぜか多い。ホテルが埋まり、民泊まで届くかどうか判らないまでも、特段の準備があるわけでなく、期待だけを寄せて満を持している。

かみさんは民泊のリネンを担当していて、予約受付のスマートフォン画面を常に注視し、一喜一憂がこれからはさらに続くことでしよう。いずれにしても高松空港がフル稼働することは、新型コロナウィルスを正しく恐れながら、産業経済の再開をはじめないと、コロナでは死ななくても、経済で死んでしまう。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5653 |
| 社長日記 | 10:17 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑