■カレンダー■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2022年05月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 407685
今日: 446
昨日: 2410
 

新型コロナワクチン3回目接種は12月からと仏生山の矜恃
新型コロナウィルスワクチンの3回目接種が、いつの間にか現実化してきた。65歳以上の高齢者への接種券発送時期に関し、高松市は12月と明言した。接種券を一斉発送せず、数回に分けることで予約時期を分散させることとした自治体も多い。私は3回目は、一斉配布で、積極接種を希望する人から接種すれば良いと思います。

新型コロナウィルスは、これまで人類が経験したことがない災難で、対応も後手に回ったと言われているが、弁護するわけではないが初めての体験で、政府も自治体もそして個人も振り回された。もちろん終わったわけではないのだが、3回目の接種も必要というなら、それを理解する人から順に接種すれば良い。

最近感じるのは、これまで災害に対する受け皿として公助・共助・自助と言われていたが、昨今は真逆のように感じだしたのです。つまり自助・共助・公助の順に、考え方対応が変わってきたように思います。自助つまり自分がやることには自ずと限界があると思うのですが、言えることは『待っていては死ぬ』と感じることが増えてきました。

出来ることは限定的でも、自分でやることですから確実です。国にしても県市でも、「金がない」と言います。公共事業にしても災害対応以外は、積極対応は全くないと感じます。特に用地取得に対しては、『ゼロ回答』。こうなると必要なモノの取得は民間でと言うことで、仏生山コミュニティセンター隣接の用地取得は、NPO法人が窓口になって取得のための募金が進んでいます。

予定では第一次計画、つまり募金270万円達成で、所有者の好意で建物解体、駐車場としての使用開始が視野に入ってきました。私も職業柄、高松市固定資産税課と交渉し、高松市へ寄付採納するまでの暫定期間の非課税を事前に交渉したり、県税事務所に『不動産取得税』の課税免除交涉へ行っています。

高松市の職員は最終的に高松市所有地になるため、理解は早いのですが、県税事務所は『経緯を説明した公的文書』の提出を求めてきます。条件が達成したら寄付採納を議会で承認し、それからのことを事前に文書で提出することなど、担当公務員の権限ではとても出来ることではありません。議論の余地はありません。『検討して下さい』と私は、庁舎を跡にしました。

今月末には第1段の成果が、目に見えるモノとなります。後半戦が大変だと自覚していますが、自分たちに必要な駐車場の取得、これから将来のことを考えたら、子孫に残せる現代のわれわれの矜恃として、成功されて、『自助から始めよう』の実践例としてあらわしたい。

募金者の名簿は「特定非営利活動法人仏生山魂再開発フォーラム」のホームページに掲載しています。

ここをクリック

| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5403 |
| 社長日記 | 09:52 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑