■カレンダー■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2021年12月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 4147268
今日: 2157
昨日: 3843
 

感染症と赤十字~治療と予防の歴史~赤十字NEWS10から
日本赤十字社の歴史は、1877年の西南戦争中に援護団体『博愛社』として設立されたところから始まったようです。知らなかった私。
西南戦争(せいなんせんそう)、または西南の役(せいなんのえき)は、1877年(明治10年)に現在の熊本県・宮崎県・大分県・鹿児島県において西郷隆盛を盟主にして起こった士族による武力反乱。明治初期に起こった一連の士族反乱の中でも最大規模のもので、日本国内で最後の内戦となっている。73年征韓論に敗れて政府を辞した陸軍大将西郷隆盛は,以後鹿児島で私学校を経営して九州各地の士族の子弟を多数養成し,新政府の武士層解体政策に不満をいだく全国不平士族層の間に絶大な声望があった。西南戦争については、別の機会にまた長々と書きたい。

日本赤十字社の創立者は、大阪の『適塾』の緒方洪庵から医術を学んだ元藩医・佐野常民。西南戦争のさなか、佐野は東京で物資や資金の調達に奔走しながら、長崎の救護所の部下に何度も電報を送りました。その内容には、「空気の清浄、衣服の清潔には特に注意あるべし」と感染症予防の指示が。まさに当時、長崎からコレラの流行が始まり、戦場の兵士、そして全国へと感染が広がっていったのです。

しかし博愛社の救護所ではコレラ患者を出さず、博愛社の活動の評判を聞きつけた熊本県令(知事)は、コレラがまん延する水俣への救援を求め、後に熊本での感染症押さえ込みの貢献に対して、感謝状が贈られました。治療薬がなかった時代でも、衛生管理が功を奏しています。

その後『日本赤十字社』と名を変えてからは、日本初の看護婦養成の教科書に感染症の予防知識を盛り込み、ポスターや刊行物を通して予防普及に尽力し、地域の公衆衛生を向上させて病気を未然に防ぐ『社会看護婦(保健師の先駆け)』養成を開始しました。

その後1923(大正12)年9月1日、『関東大震災』が発生。日赤の本社社屋は、ほぼ全焼しましたが、被災全域に51カ所の救護所を設置し、各県から医療救護班を動員、昼夜の別なく206万人を救護しました。また、衛生環境の悪化から各地に赤痢や腸チフスの感染者が出始めると、感染症が爆発的に拡大することを未然に防ぐため、日赤の中央病院と東神奈川に伝染病院を付設、須崎と板橋にも臨時病院を建てて患者を収容、東京府下の感染流行を食い止めることに貢献しました。

国内でも最も死亡率が高く、若者が犠牲になった結核に対し、1911年日赤は、結核予防撲滅事業を開始。1920年には、ロシア革命後の混乱で親を失ったポーランド孤児の受け入れを開始。翌年、東京で腸チフスが大流行すると孤児たちも次々と感染。看護婦らの献身的な看護により全壊し、全員が母国に帰還できたと書かれています。

1945年に終結した太平洋戦争では、戦傷だけではなく感染症によって多くの命が失われました。戦地でも感染患者は隔離されて治療を受けましたが、戦地に派遣された日赤の救護員が衛生状態も栄養状態も悪い苛酷な環境で罹患し、命を落とした例もありました。患者治療と移送のための病院船では、戦中のみならず終戦後の引き揚げ時にもコレラなどの感染症患者を受け入れ、船尾にある伝染病室に収容し、揺れる船内で救護員は患者の治療と世話に明け暮れました。

2011年3月に発生した東日本大震災は、ピーク時で47万人の避難生活が余儀なくされました。例えば石巻では朝から夕方まで避難所をまわり、マスク・消毒薬・手指消毒剤などを配布し、トイレなどの衛生管理の指導を続けました。その後2016年の熊本地震を通じて、日赤は感染症との長い戦いの中で、『感染症から命を救う』には『感染する前に救う』ことが最重要であると、実践を通じて学んだと結んでいます。

蛇足ですが高松赤十字病院は、明治40年6月1日に『日本赤十字社香川支部病院』として設立されて以来、医療法における公的医療機関として地域医療の中核を担うと共に、災害時には医療救護活動の重要な拠点として地域医療に貢献しています。令和2年4月から本館北タワーが本格稼働となり、高度医療機器を整備拡充しており、更なる診療機能の強化、業務の効率化を図り、高度専門医療を提供する公立病院として質の高い医療の提供に努めています。この9階に私も入院していました。



| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5402 |
| 社長日記 | 10:13 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑