■カレンダー■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2021年12月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 4147057
今日: 1946
昨日: 3843
 

郵便局窓口にガン検診のススメがあった
自分がガンに罹患したこともあって、『ガン検診のススメ』という冊子に目が向いた。郵便局のカウンターに置いてあり、裏を返すとガンになったときの相談窓口として、国立がん研究センター等が書かれているが中身を読むと、印刷費用を提供したのは『Aflac』というガン保険に特化した会社のようだ。

話しは医師の中川恵一氏と生稲(いくいな)晃子さんの対談形式で、展開されています。中身に目を通すと、ガンは2人に1人と言われていましたが、ここでは男性3人に2人、女性は2人に1人と書かれてあります。それでも、自分がガンになるとは思わないものとも書かれてあります。そして極めつけ、「人に隠し事をしているということが、精神的に一番辛かった」ようです。私は一般に公表したのは退院後ですが、入院中も隠すことなく伝えるよう指示していました。

中川恵一氏によると、「ガン全体で3分の2は治るんです。早期なら95%が治る」。しかし人間は、自分がガンになるとは思わないものです。人間には理性も知識もあって、ガンという病気があることも、それを防ぐ手段があることも知っている。その手段とは、『生活習慣』と『早期発見』。生活習慣のタバコと酒類も、悪因子になっています。

特に女性は、若い世代でガンになる方が多いのです。乳がんが一番多いのは、40代後半ですし、子宮頸がんは30代前半です。それはそうと、どうして人はガンになるの?ガンはカラダの細胞が分裂するときのコピーミスによって生じるのです。私たちの身体は、約37兆個の細胞から出来ています。毎日1~2%の細胞が死滅するので、細胞分裂によって、減った細胞を補う必要があります。

しかし細胞分裂の際に、細胞の設計図である遺伝子のコピーミスが起きてしまうことがあります。これが遺伝子の突然変異です。コピーミスの最大の原因はタバコで、ほかにも、発がん性物質や自然界に存在する放射能などによって、長い時間をかけて遺伝子に傷が蓄積されていきます。多数の突然変異を起こした細胞は、多くの場合生きていけません。

しかし遺伝子のうちの、ある特定の部分にキズがつくと、細胞は死ぬことが出来ず、止めどもなく分裂を繰り返すことになります。この『死なない細胞』がガン細胞だと言われますが、やっぱり私にはよく分かりません。ガン細胞は無秩序に増え続け、やがて塊としての『ガン』となります。たまたま遺伝子のその部分にキズがつくかどうかですから、ガンは『運』の要素が大きいと言うことになります。

健康な人の身体でも、毎日たくさんのガン細胞が生まれています。一説によると、その数は毎日数千個とも言われています。それを、その都度退治してくれているのが『免疫細胞』です。免疫細胞は、ある細胞を見つけると、まず自分の細胞かどうかを見極めます。そして自分の細胞でないと判断すると、退治します。ところがガン細胞は、もともと自分の細胞から発生したモノで、免疫細胞にとっては異物と認識しにくい相手です。

異常に増えた塊になった細胞でも、その場に留まっていれば『良性』と呼ばれます。切除してしまえば命にかかわりません。一方悪性腫瘍(ガン)は、周りの正常な組織を破壊しながら広がっていくという特徴を持っています。これを『浸潤(しんじゅん)』すると言います。やがてガンは血管やリンパ管に入り込み、その流れに乗ってほかの臓器に辿り着き、そこでも塊をつくるようになります。これがガンの『転移』です。

やはり検診による『早期発見』が大切なのです。私もこの先、ガンとの戦いです。決して今回終演したのではなく、第1幕が終わったに過ぎない。これから長い付き合いが、続きます。



| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5398 |
| 社長日記 | 09:13 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑