■カレンダー■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2022年05月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 407675
今日: 436
昨日: 2410
 

オイスカの『ミャンマー支援・緊急募金』継続となりました
3日公益財団法人オイスカ四国支部第297回常任幹事会が、太田コミュニティセンターで開催され、昨日の小欄で紹介した『ミャンマー支援・緊急募金』の継続が報告されました。当初の目標金額500万円が、7月15日(木)の段階で330万円弱しか集まらず、再度のチラシが作成され、予定通り9月末まで募金を継続すると報告されました。正直なところ、7月末に500万円は達しています。

おいおいと思わず言いたくなるところでありますが、公益財団法人オイスカ60年の歴史の中で、こんなに早く目標達成の記録がなく、チラシには書いていませんが1000万円の新規目標を掲げて、担当者が汗を流しているとか。「STAY HOME」で使い道がない浄財が、募金に回ったのかも知れません。

と言うことで、もし余裕がある方がいらっしゃいましたら、1口1,000円~些少でもかまわないので、協力頂けましたら幸甚に存じます。クレジットカード決済も、下段ホームページから出来ます。私の周りでは、この公益財団法人オイスカ、高松商甲子園出場募金、仏生山コミュニティセンター駐車場購入募金と散財が盛りだくさんであります。

新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、商売が思うように出来ない業種業態が周辺であえいでいる反面、一部大企業が売上・利益20%アップとか、一つの現象が引き起こす経済効果もまだら模様のように思われます。過去の1964年東京五輪では、日本中大半の企業で『五輪景気』に沸き立ちました。東海道新幹線、首都高速道路をはじめとした高速道路、大型ビル・ホテルが建設されて、間違いなく右肩上がりの景気向上でした。

ところが2020年の東京五輪・パラリンピックは、新型コロナウィルス変異種の拡大で、世界的に治まりを見せていた新型コロナウィルス禍が、国内でも例外なく牙をむいて人類に覆いかかってきています。今日の段階で政府は、軽症の感染者は自宅療養とか国民がどうすれば分からない方法をせがんでいます。

まるで若者層が、政府の言いつけをきちんと守らないため感染拡大したのだから、「お前たちの命は、お前たち自身で守れ」と言わんばかり。多少の懲罰はありかと思いますが、感染して自宅待機とは感染対策が機能していないと言われても、政府は反論できまい。同時に市井の庶民は、たとえ子どもが感染したとしても、騒ぎ立てるだけで何の救済手段も持たないのか。

話しを戻すが、公益財団法人オイスカは自分たちで出来る方法で、目的達成のためのアクションを拡大している。過去には年間7億円程度の、政府助成金があったようだが、政府が行うようなODA活動を自前で作って、36の国や地域の現地をまわしています。私も募金しました。この募金額は、公益財団法人への寄付として納税の際には優遇されます。個人であれば、『寄付金控除』が使えます。法人も有利。

郵便振替 00170-8-386605 オイスカ海外災害支援募金
銀行振込 三菱UFJ銀行永福町支店普通1163833公益財団法人オイスカ
クレジットカード決済 http://www.oisca.org/ 『ミャンマー募金』



| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5326 |
| 社長日記 | 07:04 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑