■カレンダー■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2022年05月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 407658
今日: 419
昨日: 2410
 

高松フェニックスLCがコロナ禍今年度最後の周年記念例会2021
ライオンズクラブ国際協会は、前年7月から翌年6月までが通期となっています。私にとって、6月13日(日)の高松フェニックスライオンズクラブ結成5周年記念例会が、今年最後の周年事業となりました。沢山のクラブが、5・10・15・20と周年を迎えます。このコロナ禍で、中止したクラブも沢山あります。高松フェニックスライオンズクラブは文字通り、不死鳥のように記念式典(例会)を行いました。

それも『祝宴』付きというので、私もコトデンを使って会場の『ホテルパールガーデン』まで行きました。すごいな県下に警戒情報が出ている中、祝宴の開催かと、いささか興味本位でもありましたが、楽しみにして出かけました。式次第にも、祝宴の予定が印刷されています。しかし結果的には、祝宴はありませんでしたが、最後まで沈思黙考した様子が透けて見えます。

高松フェニックスライオンズクラブは、2016(平成28)年4月11日に四国地区内168番目のクラブとして、高松北ライオンズクラブをスポンサークラブとして認証されました。その時のメンバー数も、30名に届いていなかったと思います。会勢としては5周年を迎えても、チャーター当時のメンバー数程度で推移しています。

日本全国に35名の地区ガバナーがいますが、このコロナ禍で会員を減していない地区ガバナーはわずか3名。ほとんどの地区が、会員減で苦しんで居ます。コロナ禍で、やむなく退会した飲食関係者もいます。これから期末を迎え、退会のピークがありそうです。わがクラブでも、期末3名が退会申し出をしています。

それも大都市を包含している地区ほど、会員減が激しいと言うことでした。この高松フェニックスライオンズクラブも、これまでの日々は大変だったと振り返っています。ライオンズクラブの活動は、3密が当たり前で、むしろ大勢のメンバーで一緒に汗を流しましょうというのが基本スタンスであります。

よく比較される『ロータリークラブ』は、『私は奉仕する』というスタンスで、ライオンズクラブの『私たちは奉仕』と違っています。ライオンズクラブは、このコロナ禍苦しい活動制限にどのクラブも等しく苦しんでいます。フェニックスは5年間のうち約2年間、このクラブはコロナに苦しめられています。

初代会長L二見尚子が中心ですが、L松本茂樹・L美奈子ご夫妻、L井上悟L千恵子ご夫妻と、家族あげてライオンズクラブという構成が印象的です。二見尚子さんは、実母の二見淑恵さんも正会員としています。難産の末誕生した高松フェニックスライオンズクラブ、10年15年記念式典へも参加したいモノです。陰ながら応援しています。





| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5276 |
| 社長日記 | 08:59 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑