■カレンダー■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前月 2020年10月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2998540
今日: 1766
昨日: 3177
 

旧盛和塾四国四塾四国合同Zoom例会2020
盛和塾の本部は昨年末に解散し、四国内の四塾もそれに追随し、解散しました。しかし学びの浅いわれわれは、稲盛和夫塾長の残された教材を利用して『更なる学び』のために、香川は『香川胆識の会』として発足して、継続して経営の勉強を続けています。その一つでもあります『合同例会』は、昨年香川での担当を『琴平』で行い、それを最後としておりました。

徳島塾も『盛心塾徳島』として再スタートを切っていて、本日初めての『オンライン合同例会』を呼びかけてきました。これに呼応し、『香川胆識の会』は大勢が『花樹海』に集まり、どうしても集合研修に応じられない会員は、4会場を繋ぐZoom回線に参加しています。その総数は、いつもにもまして、99人の参加という新記録だそうです。

いつものように『経営体験発表』があり、稲盛和夫塾長の教えをどのように経営に反映し、成果を出しているかの報告であります。『盛心塾徳島』から『日産サティオ徳島・藤村恭之氏』、『敬愛塾愛媛』から『三瀬商店・三瀬康弘氏』、『香川胆識の会』から『パパベル・辻清司氏』がそれぞれの会場で報告しました。

正直なところ映像には問題が無いのですが、音声は多少の改善が求められるとこであります。香川会場は、担当の奈良俊介塾生(奈良電機重工(株)取締役)が工夫をされて、ピンマイクにしていました。これの音声がどのように伝わっているか知るよしもありませんが、形状を見る限りは「高音域」を拾って、相手には聞きやすく伝わっていると思います。

初めての試みで、大過なく及第点です。次回もこの方法でやられると思います。発表会の後はいつものように『コンパ』をして、食事の後にまた感想や質問が飛び交っていました。オンラインでも参加者がいるように、コンパには参加できないという経営者もいて、参加形態も大きく3つに分かれました。今時ですから、どの参加も許されています。

さて『香川胆識の会』の『パパベル・辻清司氏』の発表でしたが、私は氏の経営体験発表を聞くのは初めてであり、56歳と私より丁度ひとまわり違うのですが、『覚悟』が半端ではなく、この人ならより美味しい『パン』をつくり、従業員を幸せにするだろうなと感じました。大変感動しました。私は元来うどん派ですが、『パパベル』のパンを早速買い求めに走ります。

また香川会場では、『機関誌マラソン』の話題も出ていました。これまでの30年間に発刊された155号の『機関誌内の塾長講話』を読んで、感じたことをまとめて所属グループのみなさんへメールします。私も片隅であえいでいますが、1週間は実に早いものです。改めて、『心を高め、経営を延ばす』を強く感じています。





| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5035 |
| 社長日記 | 09:45 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑