■カレンダー■
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<前月 2020年09月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2937988
今日: 998
昨日: 3224
 

前東京支部長代行榎本惠一君を偲ぶby安西愈
高松商の『紫雲会東京』の会報誌が手元に届いた。紫雲会岡義博会長の配慮であります。そこに名誉東京支部長、安西愈(まさる)氏の手記が掲載されている。三人の若き日の校友の物語を、今から20年前の『高商百周年記念講演』で「青春の絆」として在校生に話したとあるので、ここに転記して残しておきたいと思いました。

同級生(昭和32年卒)の榎本惠一君が、令和元年八月五日脳梗塞で闘病中のところ行年八十歳で旅立った。高商卒業以来、六十三年にわたる長い関係である。今から十八年くらい前、当時の溝渕支部長より紫雲会東京支部の大改革の号令が出て、榎本君が中心となり「みんなの紫雲会」を目指して今日の組織の基礎や「紫雲会東京誌」の発行、支部長任期制、ホームページ開設、会費制の実施などご存じの今日の紫雲会東京支部の基礎を築いた。

私松野誠寛もこれに触発されて、多くを真似させていただきました。総会進行も、秒単位でした。ホームページも導入し、いろいろなネタを頻繁に掲載するように努めています。卒業生のメールアドレスの登録も、徐々に進んでいます。榎本惠一先輩との思い出は実に多いのですが、一度長男を連れて上京した折、銀座で食事をご馳走になりました。

榎本惠一さんは、大会社イオン㈱の営業統括本部長で専務取締役から経営破綻したヤオハン再建の腕を買われ、更正会社マイカルの社長として赴き、全員から退職届を出させて、そして全員新入社員として採用して入社式を挙行するという前代未聞のスタートで、社員の活性化と自主性を引き出すなど、新生マイカルとして見事に再生させたという輝かしい成功のみが世間で語られている。これに関する本も、出版されています。

しかし、実は高商卒業後大阪船場の衣料問屋に丁稚奉公し、問屋回りの自転車の掃除が毎朝の日課であったという厳しい徒弟勤務の日々から、彼の職業人生がはじまった。そして最初に就職した問屋は倒産し、店に置いてあった私物まで債権者の取り付け騒ぎにあったという経験もしている。昭和32年といえば、2月25日に自由民主党の岸信介氏が首相になっている。米国は共和党のアイゼンハワー大統領。9月23日にはダイエー1号店が、大阪市旭区にオープンしている。

同級生で、大手商社に就職した十河正市君は、彼が店の前で自転車掃除をしている姿を見ておれないと、通勤路を変えたという。その十河君は後日、労働組合の書記長として指導した会社での大争議に敗れ、自殺未遂事件を起こし、榎本君が駆けつけ励ました。その頃、野村證券大阪支店に転勤してきた長尾勝君から「今の榎本を見ていると不安だ」、「商売を覚えるより経済を知るのが先だ。経済の本を読め。」と発破を掛けられて、経済の勉強をするようになり、それが後のジャスコ社内大学院で彼が頭角を現し、岡田社長の姉の小島千鶴子常務に見いだされる布石となったとよく彼から聞かされた。

榎本惠一君は、船場の問屋から、スーパー・シロに転職、シロがオカダヤ・フタギと合併し、ジャスコとなり、初のスーパー店長となった姫路店では開店の直前に火災が発生し、不眠不休でオープンにこぎ着けたことから、その後の栄進の道が拓けた。また紫雲会東京支部のみならず香川県県人会の改革にも努めた。われわれにとって、惜しい友人が亡くなってしまった。延命治療を拒否して尊厳死を選び、最後まで彼は自分の生き方を貫いた。

またこの文章を書いた東京支部名誉支部長の安西愈先輩は、高松商から香川労働基準局に入局後、東京へ転勤になり、そこで中央大学通信教育課程に学び、通信教育課出身の生え抜き法曹の一人となっています。専門は、労働法や社会保障法(特に労働保険法)。1964(昭和39)年労働省労働基準局監督課へ転任。1965年国家公務員上級職試験甲種法律職合格。1969年労働省退官、最高裁判所司法研修所に入る。1971年 弁護士登録。東京都内の弁護士事務所入所(第一東京弁護士会所属)。

出身は三木町、毎年香川県や香川労働基準監督署の招きで法律セミナーを開催されています。考え方・技術・人柄の3つが、揃った大先輩であります。偶然ですが、岡義博紫雲会会長も高松商から中央大学へ。同じく高松で弁護士事務所を開設されています。高商は、商業科、英語実務科、数理科がありますが普通科がありません。それでも医師になっている後輩もいます。面白い学校です。偉大な先輩の、ご冥福をお祈りしております。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5000 |
| 社長日記 | 10:02 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑