■カレンダー■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<前月 2020年06月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2599592
今日: 870
昨日: 2367
 

COVID-19(新型コロナウィルス)の次の恐怖はバッタの大群が襲来
COVID-19(新型コロナウィルスの正式名)が猛威を振るう中、日本経済新聞は、さらなる「危険物」の日本襲来に警鐘を鳴らしている。記事によると、アフリカ東部や南西アジアのインド、パキスタンで大量のバッタが農作物などを食い荒らす被害が深刻化している。群れの規模はケニアでは過去70年で最も大きく、エチオピアやソマリアでも過去25年で最大となった。

パキスタンでは、食料価格の急騰をもたらした。国連は「対応が遅れれば、食糧不足による人道危機をもたらす」と警鐘を鳴らしている。その群れの先頭が、中国にも及んでいるようだ。新型コロナウィルスの封じ込めに躍起となっている中国では、報告されている感染者死亡者の数字に、10倍~100倍したものが実態数字だとも言われている。これは日経の記事ではなく、あるセミナーで聞いた話であります。

先にCOVID-19(新型コロナウィルス)に関する話を書いておきますが、中国武漢で、わずか10日ほどで完成した「病院」は病院にあらず、その証拠に医師や看護師がいない。もちろん一般外来もない。中にいるのは「軍医」であり、中から解錠は出来ない仕組みになっているという。今でも毎日200名程度の集団が運び出され、誰も帰っていない。

湖北省の火葬場は24時間態勢で作業が続き、ネットで騒がれるまでは、付近で人の野焼きが行われていたようだ。人から出るリン等の濃度が異常に高くなり、それが続いたために衛生がキャッチしてインターネットにその状況を暴露した。その途端に、濃度は平常値に戻ったようだ。今はインターネットの書き込みも、いつものように削除されている。

さらに14世紀には世界規模でペストが大流行し、およそ8000万人から1億人ほどが死亡したと推計されている。特にヨーロッパで流行したペスト(黒死病)は、(472年以降、ペストは西ヨーロッパから姿を消していたが)アジアで発生し、シルクロードを経由してヨーロッパに伝播し、世界規模のパンデミックとなった。5~6割が死亡したと言われているが、これも発生は中国だと聞いています。

バッタの記事に戻りますが、国連によると、最も被害が深刻なケニアでは1000億~2000億匹のバッタが、約2400平方キロメートルの範囲で農作物を襲っているという。全て食い荒らされた場合は8400万人分の食糧が失われることになる。

国連食糧農業機関(FAO)はエチオピアやケニア、ソマリアでは約1200万人が食糧危機の状態にあると指摘。ソマリア政府は2月に非常事態を宣言した。バッタはタンザニアや南スーダンにも飛来。すでに深刻な食糧不足に追い打ちをかけている。

バッタの被害はアフリカ東部から南西アジアにも波及している。FAOによると、パキスタンとインドの国境に近い地域では、2019年8月ごろからバッタの大群が砂漠などに飛来した。これらの地域では100億匹ほどが現在もとどまり、小規模な町の空をほぼ覆うほどの群れをなしているという。

パキスタンでは特にトマト、小麦、綿花に壊滅的な被害が出ている。パキスタンのカーン首相は2月、大量のバッタによる被害を踏まえ、農作物や農家の保護に向けた緊急事態の宣言を出した。インド西部グジャラート州では19年12月、クミンシードなどの種子を栽培する農地約1万700ヘクタールが被害を受けた。

バッタの大量発生の要因としては、近年の異常気象が東アフリカの砂漠に大量の雨をもたらし、良好な繁殖環境をつくったことが指摘されている。FAOパキスタンのシャキール・カーン専門官は「温暖化に伴いバッタの繁殖期間が長くなり、過去にない大きな被害につながった」と分析する。内戦や資金不足で各国政府の駆除対策が著しく不足していたことも背景にある。

バッタは大群で1日150キロメートルほど移動できるとされ、さらに被害地域が広がる可能性がある。ロイター通信によると、他にもサウジアラビアやイラン、イエメンの紅海沿岸でもバッタ襲来のリスクが高まっている。FAOは「6月までにバッタの数が500倍に増える恐れがある」と警告している。

FAOは殺虫剤の散布や食糧支援などの緊急対策のため、必要な資金1億3800万ドル(約150億円)の拠出を各国に呼びかけている。特にアフリカ東部では近年、大雨や干ばつにも見舞われ、不作が続いていた。今春以降の収穫時期までにバッタによる被害を抑えられなかった場合、多くの餓死者が出る可能性もある。(加藤彰介、ニューデリー=馬場燃)

私の危惧するところは、「異常気象」であります。アメリカでは大型の竜巻が発生し、22人もの死者が出ている。COVID-19が異常気象のせいだとは言いませんが、地球規模の自然破壊=異常気象を何としても改善の方向へ持って行かないと、人類は消滅する。私はそれでも賽の河原の石積みのような、オイスカ活動に勤しんでいます。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4808 |
| 社長日記 | 12:03 PM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑