■カレンダー■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
<<前月 2020年02月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2370526
今日: 446
昨日: 1561
 

新型コロナウィルスで香川県環境保健研究センターの検査態勢整う
昨日の小欄で、高松市や香川県内での新型コロナウィルスの発症に対し、受入態勢が危ういのではないかと書いたのですが、31日の新聞に、「検査態勢が整う」の活字を発見した。県は30日までに、県内でウイルス検査を行う態勢を整えたという。検査を担当するのは県環境保健研究センター(高松市朝日町)で、試薬の準備や検査手法の確認などが完了した。

別の報道では、新型コロナウィルスに感染したのではないかと思う人は、保健所に電話をして、その指示に従って研究センターで検査を受けるようになりそうだ。私もスマホに入力したが、在住するところの保健所の電話番号は記録していても損はないだろう。まさかに備えることは、万一の時に動じない「有意注意」につながる。昨日の小欄の不安を、この記事で払拭したい。

感染を疑われる患者が発生した際は、各医療機関や保健所が患者から、のどの粘膜やタン、血清などの検体を採取して同センターに送る。県によると、13~18時間で判定できるという。検体は、国立感染症研究所(東京)にも併せて送り、1~2日で国が感染を最終判断する。

県内保健所の感染症電話相談窓口は、以下の通り。
高松市 087―839―2870
西讃  0875―25―2052
中讃  0877―24―9962
東讃  0879―29―8261
小豆島 0879―62―1373

また中讃の坂出市立病院で30日、新型インフルエンザの患者を想定した訓練が行われた。新型コロナウィルスの初期対応は、新型インフルに準じるため、医師や看護師らは例年以上の緊迫感で、患者の受入から診察・検査、集中治療管理までの手順と連携を確認した。

このように香川県内でも、新型コロナウィルスへの初期態勢は整った。高松空港へも、中国及び台湾からの飛行機は飛んできている。人だけではなくて、モノも頻繁に出入りしている。早い収束に期待する。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4776 |
| 社長日記 | 09:39 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑