■カレンダー■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<前月 2019年09月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 1987730
今日: 1121
昨日: 2927
 

第2回高松商業高校野球部甲子園出場実行委員会
令和元年9月7日(土)18時30分から、喜代美山荘花樹海(OB企業)で、標題の委員会が開催されました。議題は、甲子園出場のための「募金」の収支決算報告と、礼状及び返送品についての説明です。決算はまだ集計が終わっていませんが、概算として、寄付金収入が4千百万円ほど集まったと報告されました。

短期間の募金活動で、どこまで集まるか心配されましたが、流石に高松商です。3,299件ですから、1件あたり1万円超え。5千円を基準とし、1万円以上だとオリジナルマフラータオルをプレゼントすることにしています。また5千円の人にも、オリジナルミニタオルを10月中に郵送することが決定しました。学校への納品は、9月末の消費税率8%中。

支出の部では、支出済みが2千6百万円、今後の返戻金等支出見込額が55万円、残りからナイター設備のLED化等が希望されています。第101回の今大会、高松商は23年ぶりに夏の甲子園へ出場しました。「ええ-」と思わず声が出ますが、春の大会は準優勝、明治神宮大会は優勝と大活躍しているイメージが強いのですが、夏は23年ぶりでした。これで春27回、夏20回の出場大台記録を刻みました。



正直なところ今年のチームは、甲子園で一つ勝つかどうか程度の実力でした。一回戦の鶴岡東との試合も、頑張りましたが初戦敗退。それでもOBは、香川県一がうれしくて、長尾健司監督の采配に「ありがとうございます」の一言。この席にも、試合後ですが長尾健司監督、正副部長も駆けつけてくれました。



当然のように「72回令和元年度秋季四国地区高等学校野球香川県大会」の見通しについて、誰もが知りたいところであります。この質問に長尾健司監督は、「時間がかかる」と答えていました。毎年の甲子園出場は、選手が替わることからも、出来ることではありません。ここ暫くは、監督に委ねて静かに見守りたいと思います。

高商紫雲会のホームページには、詳細を掲載しておきます。募金や応援頂いた多くのみなさまに深謝し、報告の一端とさせて頂きます。それともう一つ、母校の役員までさせて頂き、ありがとうございます。なかなか希有なことだと、こちらも感謝に堪えません。

ここをクリツク



| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4625 |
| 社長日記 | 09:10 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑