■カレンダー■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2019年07月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 1770731
今日: 1033
昨日: 3267
 

スーパーきむら瓦町フラッグから撤退中華料理の平安閣閉店
この二つは、地元のネタとして、とても驚きました。このところ北朝鮮が、またぞろミサイルを発射して、「誰も喜んでいない」というトランプ大統領のつぶやきも不気味だが、それ以上に地元の閉店や撤退のニュースには敏感になる。それだけこの二つが、高松市内の拠点であったことを物語っている。

スーパーのきむら(高松市)は8日、同社が運営する「新鮮市場きむら瓦町FLAG店」(同市常磐町)を6月28日(金)で閉店する」と発表している。「人手不足もあり、店が増えすぎて自社で競合してしまっている店舗もある。いま一度、足下を固め、店舗展開を考えたい」としている。確かにスーパーきむらは、再開発高松G街区などへの出店など、私の知る範囲でも、オーバーストアー気味だと思います。

同店の勢いは感じるし、拡大戦略を構築しながら、この先の読みもあったのだろうが、予期せぬことは、どこでも起こる。市民からすると、瓦町フラッグの撤退は困る。瓦町フラッグは、コトデンが所有する大型ビルで、その昔はデパートの「そごう」や「天満屋」が入居していたが、大型店が撤退して、8階の全フロアーに高松市の出先機関が入っていたり、9階には「塾」関係が多く入っている。

コトデン瓦町駅の上にあるフラッグは、交通至便であり、「塾」には最適だ。瓦町フラッグ8階市民活動センターには貸出の会議室もあり、ここを利用する市民団体も多く、また私も結構な頻度で使っています。瓦町フラッグの今の売りは、11階屋上ビアガーデン。「イタリアンブッシュ」500席がオープンしています。目の前の釜で、ピザーが焼かれています。

もう少ししたら、手前のスペースに「北海道ビアーガーデン」もオープンします。ここの地下1階に、スーパーきむら瓦町フラッグ店があります。1階にはその他ドラッグストアーもありますが、各店舗の食料品店の撤退は、ビル全体の、もっと言えば周辺の活性化に水を差しかねない。至近の常磐街商店街、旧ダイエー跡地にはJR四国のビルが予定されている。

また中華料理の平安閣は、兵庫町商店街アーケードの西、通称「広場」と呼ばれている一角にある。ここからだとJR髙松駅は、5分程度。5~6階建てのビル全体が平安閣で、宴会にもよく使われていた。もともと三越高松店近くにあって、現存する市内の中華料理店では最古の約60年前から営業し、まさに業界を引っ張ってきた老舗。

私のような田舎者は、電車に乗って街へ行くというと三越へ行くことを意味し、三越の食堂か平安閣で食事をするのが楽しみでありました。4月27日(土)で閉店と、まさに平成の終焉に合わせた閉店となった。店主の「高(こう)」さんは、高松商のOBだったと記憶しています。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4504 |
| 社長日記 | 09:45 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑