■カレンダー■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<前月 2019年06月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 1704810
今日: 3296
昨日: 3817
 

正月2日は箱根駅伝往路と全国大学ラグビー選手権準決勝
第95回東京箱根間往復大学駅伝競走大会の往路戦いが、2日8時に23チームが参加して東京・大手町をスタートした。往路は神奈川県箱根町までの5区間、107・5キロで行われ、東洋大が5時間26分31秒の往路新記録で、2年連続7回目の(往路)優勝を果たした。5年ぶりの(往復の)総合優勝を目指し、3日の復路に臨む。

歴代2位タイとなる箱根5連覇と、学生3大駅伝3冠の“ダブル偉業”を狙う王者・青学大はまさかの6位に終わり、2年ぶりの往路優勝はならなかった。往路を制した東洋大から5分30秒差で、3日の復路をスタートする。青学大の総合優勝は全くの不可能ではないが、可能性として、また戦前の予想とのギャップと勢いのなさから、ダブル偉業の達成は難しくなったと思う。

あの控えめな青学大原晋監督でさえ、「盤石」と言い放って臨んだ往路。原監督が走るわけではなくて、5人の選手が走るのだが、やはり幾分の「油断」があったのではないだろうか。明日の結果を見ずに、青学大の敗退を書くことは非常に危ういと思うのですが、このところこの手(油断)の失敗をよく目にするのです。

世界的規模で驚いたのは、カルロス・ゴーンの有価証券報告書虚偽記載と、日産への特別背任容疑での逮捕だった。あまりにもスケールが大きすぎて、今後どうなるのか予想もたたず、長い裁判になると心配する。万一裁判で無罪になっても、有罪になっても一審・二審・最高裁と10年はかかると思う。ほとんど意味のない、10年がむなしく過ぎることだろう。

有罪か無罪か定かではないが、いずれにしてもカルロス・ゴーン氏の油断、もっとはっきり言えば傲慢不遜が目に余ったのだと思う。稲盛和夫塾長は、「幸運も試練」という。市井の言葉で言えば「調子こきすぎていた」のかなと思う。地元114銀行の年末スキャンダルも、調子よすぎての油断から招いた問題だと思う。

弊社も関係するのだが、札幌のアパマンショップ内の消臭ガス爆発事件も、あの店舗はわれわれのような加盟店ではなく、本部直営店での話し。私はあの爆発が、12月のアパマン全国大会後に発生した事件であり、全国大会の本部の自信満々がもたらした結果のように、見えなくもない。ITやIoT活用の営業は一気呵成に進むと思うが、バーチャル店舗になるわけではない。

偶然が続いたのだが、全国大学ラグビー、王者・帝京大がまさかの天理に敗退、帝京大の10連覇消えた。ラグビーの第55回全国大学選手権は2日、東京・秩父宮ラグビー場で準決勝があり、大会10連覇をめざした帝京大が天理大に7―29(前半0―12)で敗れた。天理大は12日の決勝で、初優勝をめざして明大と対戦する。

帝京大は前半、天理大に2トライを許す苦しい立ち上がり。後半4分にWTB木村のトライで反撃したが、13、18分と立て続けにトライを喫し、主導権を奪えなかった。9連覇中の王者帝京大は、とにかく強かった。それでも帝京大は、過去の第45回大会で初めて決勝に進んだが、早大に敗れた。

翌46回大会で、現日本代表主将のリーチを擁した東海大を、14-13で下して初優勝を果たして以来、大学王者の座を9季にわたって守っていた。従来の大学連覇記録は、第19-21回の同志社大の3連覇だった。駅伝も大学ラグビーも、大学生は4年間だけ。同志社の3連敗は理解できるが、帝京大の9連覇は、他の大学が弱すぎるのかと思うほどの強さ。

今日の天理は、気迫で勝っていた。スクラムにしても押し気味、タックルしてからの復帰が実に早かった。だから人が余って、攻撃にもつながる。反則が少なかったのも、印象的だ。賽の河原の石積みのように、ボールを持って走って相手にぶつかり倒れる。そのボールを後ろへ後ろへと回して、ゴールを目指す。

第95回東京箱根間往復大学駅伝競走大会で、青学大の総合優勝はもしかしたらあるかも知れないが、それにしても往路の戦いは「油断」が垣間見える。しかし帝京大の優勝はない。大学日本一は、天理有利で12日14時から、秩父宮ラグビー場で明治大相手に行われる。正月のスポーツ見ながら、「油断」を戒める私です。調子良い時も、人間の「試練」。初孫にうつつを抜かす、絶好調のじぃーじぃです。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4375 |
| 社長日記 | 09:01 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑