■カレンダー■
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月 2019年10月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2074876
今日: 2277
昨日: 1829
 

高高84年ぶりの夢破れ丸亀城西3度目の正直で夢つかむ
第100回全国高校野球選手権香川大会第11日目の22日、高松市生島町のレグザムスタジアムで、「高松-丸亀城西」の決勝戦が行われた。勝運に乗っかった高松(高高)は、2回戦で延長の末5-3で高商を下して勢いを得て、その後、逆転やサヨナラで決勝戦まで勝ち進んだ。今日勝てば、夏は84年ぶり5度目の甲子園出場になる。

また丸亀城西は、河本浩二監督が就任してからの4年間で3度の決勝戦進出と、華々しいお膳立てをしているが決勝戦での勝利がない。昨年は勢いの三本松に、7-1の大差で敗れている。河本浩二監督は、前身の丸亀商業高校卒で、母校監督としてそれなりの結果を出している。丸亀城西が勝てば、13年ぶり5度目の甲子園出場となる。

総合力は丸亀城西が一枚上だから、高高がリードすると、面白い優勝戦になるだろう。このような私の予想通り高高は、2回表に2点をリードして、高高有利で試合を進めた。私は自宅で、エアコンの効いた部屋でのテレビ観戦だったのだが、手に汗握る試合運びだった。結果はご案内の通り、丸亀城西9-4高松で、丸亀城西が甲子園への出場権を得た。河本浩二監督にとって、3度目の正直。

3回に2点を奪取した丸亀城西は、同点に追いついたものの4回表高高が1点を再リード、6回にも1点加点して、6回表終わって4-2高高リード。ここから丸亀城西が自力を発揮し、6回裏3点で逆転。7回裏にも1点、8回裏にも3点を入れて、2番手大前投手が危なげなくゼロ封。甲子園では真鍋投手が先発するか、エース大前投手が先発するか。

エース大前投手が4回から登板したが、彼は終始ニコニコ顔で、高校球児のお手本のような選手だった。高高の石田茂登監督もそうだが、最近の野球監督は、子どもをむやみやたらに怒らない。コミュニケーション重視で、選手が考えるような舞台づくりに徹している監督が増えた。失敗を叱責していても、何も始まらない。ゲームは、選手がやるのだから。

それにしても甲子園では、「丸亀城西」は打ち勝たないと勝ち進めないだろう。1回戦に、勝てるかどうかの全国レベルだろうと思いますが、野球王国復活のためにも、県立丸亀城西高校として1勝はしてほしいものだ。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4211 |
| 社長日記 | 09:11 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑