■カレンダー■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<前月 2019年06月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 1704807
今日: 3293
昨日: 3817
 

高松市・トゥール姉妹都市提携30周年記念市民訪問団②
日本時間は、7月11日のお昼です。ここフランスのストラスブールは早朝の5時。日本より、7時間遅れています。感覚的には現地朝は、日本が夕方くらい。不覚にも日本からの携帯電話で、たたき起こされました。現地では、昨晩の喧噪が嘘のように、静まりかえっています。しかしTVは、昨晩のフランスの勝利ビデオを繰り返し回しています。時差の関係で、やはり身体が反応してこの時間でも、少しの刺激で、目が覚めてしまいます。

昨日10日の夕食、同じテーブルになった川添節江氏から、過去に一般社団法人香川宅建の旅行で、イギリスへ行ったという話しが出ました。川添先生は、香川日仏協会の代表をされている。私のデータベースに掲載が無いのでネットで調べたら、中学校教諭一級・高等学校教諭二級免許 栄養士・管理栄養士(国家資格)・農学博士 昭和38年4月より香川県明善短期大学に勤務。昭和56年教授 調理科学、食生活全般と健康の関係について研究を行っていると書かれている。

イギリスでのダブルブッキングを、今でもはっきり記憶されていて、その時に小和田雅子(現皇太子妃)さんのイギリス留学時の指導教官と隣り合わせて、懐かしい昔話をしたと、今日の夕食でも話しをされていました。今回の旅で、松野公子の声を覚えていたとか。人間の顔は変わると言いますが、声は変わりません。福田某という女が、逃亡しながら電話していた録音テープも、特定の決めてになったほどです。

ストラスブールは、フランス北東部に位置するアルザス シャンパーニュ アルデンヌ ロレーヌ地域圏の首府です。この街には、欧州議会の本会議場もあります。ドイツ国境の近くに位置するこの街には、ドイツとフランス両国の影響を受けた文化と建築が存在します。市民は自らをアルザス人と呼びます。ドイツに占領されたこともあるから非フランス人。またある時代では、フランスに統合された歴史があります。

ルネッサンスの「ルネ」は、「生まれ変わる」。「サンス」は、「古代が蘇る」という意味だそうです。ゴシック様式(ルネッサンス前)のストラスブール(ノートルダム)大聖堂は、毎日動くからくり仕掛けの天文時計が特徴的だと言われて11:30のカラクリを見るために並んだのですが、修理中のためか、動いたのはほんの僅かの仕掛けだけでした。高松丸亀町商店街の「仕掛け時計」が、まだ優れています。

大聖堂の正面に、彫刻がいくつかあります。向かって左側の3人の婦人は、リンゴを手にした男に操られている愚かな婦人。背中に欲望の象徴である蛇も彫られています。右側は、キリストに導かれた賢い3人の婦人が掘られています。手に燭台を持って、家族の帰りを待っています。

ヨハネス・グーテンベルク(ヨハネス・ゲンズフライシュ・ツール・ラーデン・ツム・グーテンベルク1398年頃 - 1468年2月3日)は、ドイツ出身の金属加工職人、印刷業者である。印刷に改良を加えた活版印刷技術の発明者といわれ、広く知られている。この地に10年間住んだと言うことで、銅像があります。彫刻が彫られたのは印刷発明前で、このような教えが、本格印刷技術普及前に作られています。

また高さ 142 m を誇る尖塔の途中にある展望台からは、イル川の景色を一望できるようですが、われわれ夫婦はこれを避けて、孫らへの土産を買いあさりに走ります。日本に無いような、色々面白いものがありました。

そんな訳で、ユネスコの世界遺産の旧市街を、徒歩で観光しました。寒いです、気温17度、今日はTGVでパリに入りますが、パリでの最高気温が26度と発表されています。もう少し重装備の服装でもよかったかも知れません。風が実にさわやかな、落ち着いた雰囲気の街です。

またこの街の一番の特徴は、道路を走るニュートラム(路面電車)。僅か35㎝の電車床は、利用者から賞賛を受けています。富山のライトレールを大西秀人高松市長に聞いて私も見に行きました。1994年の選挙で、勝利した首長が、選挙公約を果たすべくA線を開通させました。今もドイツのケルンまで延長工事中で、大西秀人高松市長もこのニュートラムを、高松市内から空港への公共交通網として考えているのだと言われています。この際、二日後になりますがワインを飲ませて、本音を聞いてみます。

ここをクリック

ストラスブール(シュトラースブルク)の語源はドイツ語で「街道の街」であり、水上交通の要所として栄えたところです。イル川にフランス最大の河川港をもち、交通の便の良さから商工業が盛んです。
川には橋が架かっていますが、船を通すために、橋が縦から横へ位置を変えます。橋脚の下に電動の車輪がついています。偶然ですが、通過に遭遇しました。

2007年6月10日にはTGV(日本の新幹線)東ヨーロッパ線が開業し、パリ東駅と2時間20分で結ばれています。出発20分前に、やっと出発番線が分かって荷物を持って移動しますが、予定時間を過ぎても、動きません。予定の14時47分から、30分程度の遅れで無事出発しました。パリ東駅に向かって移動中。

夜は、セーヌ河の遊覧が予定されています。













| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4199 |
| 社長日記 | 03:01 PM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑