■カレンダー■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前月 2019年11月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2129650
今日: 1173
昨日: 2395
 

高松市・トゥール姉妹都市提携30周年記念市民訪問団①
今朝起床は午前3時、関西空港行きのチャーターバスの高松ゆめタウン発が、午前5時10分です。関空まで3時間半弱の予定でしたが、途中事故渋滞で、9時がぎりぎりになりました。というのも、Wi-Fiルーターを関空ターミナル内で借りるようにネットで手配しているのですが、指定のロッカーに行って、Eメールで届いたQRコードをかざして入手するように指示されています。

ただし、05:30-09:00までの間に操作をしないと、無効になると言うのです。バスが関空第1ターミナル4階に到着したのが8:50。慌てて指定の2階のロッカーへ向かいます。同行の若者にその後聞いたのですが、他社のシステムは人海戦術。人を介してやりとりするので、少々の遅刻は考慮されています。その点ロッカールームは、秒で管理することも可能です。逆に連絡番号にも繋がらない、こんな現実がネット社会の大穴でもあります。

おまけにネット予約の際に、クレジットカード決済が終わっています。相手は、とり遅れても何の痛みもありません。私も過去にはNTTdocomoのルーターを使用していて、これが海外でもそのまま使える仕組みで、今日のような苦労は全くありませんでした。今日私がWi-Fiルーターを手に入れたのは、僅か2分前のことでした。場所の地図が着いているのですが、行ったところは別の業者のところ。本当に危機一髪でした。

さて本題に戻りますが、高松市・トゥール姉妹都市提携30周年記念市民訪問団が本日30名で高松を後にしましたが、市長ら市関係者の本体は、7月13日からの公式行事から参加で、今日の出発メンバーには団長を除き当然その顔がありません。私も何かの広告で、高松市・トゥール姉妹都市提携30周年記念市民訪問団イベントを知りました。

大川観光の湯之上一彦さんが添乗というので、電話をしました。思った通り予約オーバーで、キャンセル待ちと言われました。この時点で正直なところ、満を持して行く計画の人らが、キャンセルするというのは無いのではないかと思いましたが、このようにキャンセル待ちを入れてもらい、ここに来ています。

昨年公益財団法人オイスカ四国支部からのラバウルエコテック研修センター開設30周年記念式典に参加して、記念式典は面白いと感じました。ここフランスは、かみさんも行くというので一緒に来ています。今は現地時間7月10日(火)22:55です。日本時間は11日05時55分ですが、ついさっきワールドカップロシア大会準決勝戦で、地元フランスが勝利しました。ここは「ストラスブール」ですが、クルマが街へ繰り出して、クラクションがやかましい。

本日は関空から、オランダ航空KL-868でアムステルダムへ入り、乗り継いでフランスのストラスブールまで来ています。日本時間の深夜に食事をして、この日記を書いています。本当に、何度も言って恐縮ですが、外がうるさい。TV映像のパリをみると、凱旋門通りに数十万の人が集まっているようです。フランスも、サッカー大国で、チャンピオンに挑戦する権利を得ました。

ダウンタウンで夕食会をしましたが、ライトアップもそこそこに、怖くなってホテルへ引き上げました。さて初日の今日は、この辺にしときましょうか。では明日、明日はパリへ入ります。また後ほど。









| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4198 |
| 社長日記 | 06:16 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑