■カレンダー■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2019年12月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2221013
今日: 2532
昨日: 2975
 

大阪北部地震発生震度6弱4人死亡330人負傷
大阪の高槻市や茨城市付近が震源地で、震度6弱の地震が6月18日(月)7時58分頃発生した。高松は震度3と言われたが、私は感じなかった。緊急速報があって、室内移動中だったのかも知れない。震度6弱で、被害が拡大しないことを祈念するだけだ。4人の死亡、330人の負傷者で納まれば、ありがたい。

こんな私だが3日前には、大阪にいた。高速バスでなんばへ入り、そこから、新大阪まで地下鉄御堂筋線で移動したが、今日の震災後は止まってしまった。地震発生時は、通学通勤の時間帯で、多くの人が行き場がなくなり、その場にしゃがみ込む姿が映像として流された。大阪も東京と変わらず、高層ビルが林立し、隙間がない都市空間だなと思ってみていました。

社員が一人、大阪でのセミナー参加でBUS移動中、開催中止の連絡が入り彼に連絡したが、途中のサービスエリアで待機中だという。結果としては、そのまま高松へBUSは引き返したとか。何が起こるか、分からない。

それにしても地震大国の日本は、地震予知もある程度進化しているが、発生を完全に予知することは出来ない。発生してから、ああやこうや評論家、学者先生が論じるにすぎないのだが、地震を防ぐことは不可能だと私も思います。また、ある一定の頻度で、これからも地震は起こるのでしょう。火山大国の日本、温泉はありがたいが、地震は迷惑だ。

今回の映像で特に目立ったのは、水道管からの漏水というか爆水だった。それから目には見えないが、ガス管も心配だ。電気はしばらくの停電の後、早く回復したようだが、橋・道路・鉄橋など、インフラが高層建物以上に心配だ。建物は、昭和56年の耐震改正、平成12年の改正などで、確かに耐震化が進んでいるように感じます。

四国では高知沖で、南海トラフから大型の地震が発生し、津波が襲い来ると心配されている。もちろん地震発生のメカニズムは分かってはいないのだが、30年以内に来るだろうと言われていることから、私の生きている間に、地獄絵を見ることになるのだろうか。出来れば見たくないが、発生するとして、出来る対策を急いで頂きたい。

幸い私の住んで仕事をしているこの地は、高松港と比較しても海抜が高く、津波の心配はない。ただし、商売柄ハザードマップに接することが多くて、2万あると言われている「ため池」が決壊すれば、瞬間的に50㎝の水位の上昇が予想されている。またこの梅雨の時期でも、雨は少ない。それだからため池を作り、水を確保してきた歴史がある。

つまり風水雪害に強い地域だが、それとて何があるか分からない。今回は先の「阪神淡路大震災」のように、大阪という大都市でおこった。その前は、「熊本」「大分」という地方都市。松井一郎大阪府知事は自衛隊に支援要請をしたが、地震は防げなくても、復旧が早ければ人心の荒廃が防げる。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4176 |
| 社長日記 | 10:18 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑