■カレンダー■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2019年12月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2221066
今日: 2585
昨日: 2975
 

TVカンブリア宮殿・入居金0円で快適安心新発想の「老後の家」
テレビ東京の人気番組、カンブリア宮殿を見ました。木曜日の22時からですから、比較的よく見る番組です。村上龍のMCで、とにかく今までになかったシステムでビジネスを構築している番組。今日のフォーカスは、「サービス付高齢者向け住宅」の進化形です。これまでの既存高齢者住宅の常識を全く廃した、新しい見守り型の高齢者住宅です。

私も最後は、高齢者住宅、ここかなと思っています。もっとも番組で紹介されていた施設というのではなくて、身近なところにある高齢者住宅で良いのです。「認知症」との戦いは、なにも高齢者住宅業界だけの問題ではなくて、不動産業界でも、大変大きな問題になっています。認知症になった人は、契約事が一切出来なくなります。つまり不動産を売ることも、貸すことも出来なくなります。

このことはまたの機会に書くとして、本日は番組で取り上げられていた「サービス付高齢者向け住宅」について、もう少し書いて見ます。というのも私も「サービス付高齢者向け住宅」には強い関心を持って、実際にやってみようと考えた時期がありました。結局は訪問医療の問題の解決が出来ないとして、実際にやるまでには至りませんでしたが、大まかな勉強はしてみました。

しかし今日の取り上げられていた「サービス付高齢者向け住宅」のように、介護者がでしゃばらない見守り、看取りが出来るなら、そんなに難しい話ではありません。つまり「考え方」の革新が、新しい看取り施設を立ち上げて運営することが出来ます。死ぬことは誰にでもおこることで、遅かれ早かれの違いだけです。そこに真剣にフォーカスして、「世話しすぎない」見守り看取りが出来れば、TVで紹介されていた空間が高松でもやれます。

確か関東学院のラクビー部の監督でしたか、「これまでの真逆をやれば、選手は働く」と言うのです。つまり大学のラクビー部を例にとっても、1年生は兵隊さんです。練習はもちろんのこと、先輩の洗濯から掃除までやらされます。これを廃して、4年生が掃除洗濯をするのだそうです。1年生から雑務を取り除き、練習に集中出来る環境にしたら、チームはもっともっと強くなると言うのです。

これを実践して成果を出しているのは、青山学院大学の箱根駅伝チームかも知れません。これまでの成功体験を、まずは疑ってみる。そこに次のステージがあるのかも知れません。すべては「考え方」にあります。視点を変えて習慣を変えて見る。そこに、これまでと何か違うものが見えるかも知れません。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4172 |
| 社長日記 | 11:57 PM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑