■カレンダー■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2024年05月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2423823
今日: 1662
昨日: 7301

令和6年度公益社団法人香川県宅地建物取引業協会等4団体総会
『人と住まいを、笑顔でつなぐ』全宅連傘下の(公社)香川宅建協会の第13回定時総会、公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会香川本部第52回総会、一般社団法人香川宅建第14回総会、香川県宅建政治連盟第42回大会の関連4団体の総会が、29日午後1時より『レグザムホール(香川県県民ホール)多目的大会議室「玉藻」で順次開催されました。

池田豊人香川県知事や平木享相談役県議、大西秀人高松市長らを来賓にお迎えし、『表彰並びに感謝状』の贈呈が来賓挨拶の後に行われました。香川県知事表彰顕彰は『七條章氏(ランドハウス・ジャパン)』、永年功労表彰88歳現役は『白川光男氏((有)白川不働産)』、その他数10名が表彰されました。おめでとうございました。特に役員歴永年表彰は、昨今役員になって同業者の世話をするのはイヤだという層への気づきになるかもしれません。

今年はその、役員改選の年であります。私も業界理事として30年間の最後の仕事として、選挙管理委員長の大役を仰せつかりました。引退するモノ、会長にならない者が引き受けるポジションであります。協会は事前立候補制をとっており、24名の理事の内の7名の推薦状をつけて立候補届をします。会長は、理事会の構成員で選挙をします。今年は現職会長の立候補がなく、立候補1名であったため選挙管理委員会も楽が出来ました。

結果信任投票になりますが、許しを得て挙手で会長を選任し、選任された会長が副会長3名と専務理事1名を指名し、理事会で承認となりました。任期は2年間であります。結果会長に、『吉田孝一氏㈱三協・三観地区』、副会長に『樋口範明氏(株)マイブレイン・高松北地区』、『岡 知徳氏㈲フローレンス・高松南』、『有馬耕一氏ありま不働産・大川地区』、そして専務理事は『松下由二三氏㈲ライフ・クリエイト・高松栗林地区』が選任されました。

これからの2年間の舵取りを、担ってくれることになります。本部地区の役員ともに高齢化が進み、若者の役員就任回避が続き、協会運営も苦境に立たされています。ITデジタル化が一層進み、これまで以上の課題が山積しているように感じます。業界の代表として、お客様と会員と行政の間の調和とお役達につながる指導と鞭撻をお願いして本日の結果報告とします。

88歳現役表彰白川光男氏

役員表彰西山三都子さん





| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=6364 |
| 社長日記 | 09:29 AM | comments (0) | trackback (0) |
池田豊人香川県知事が県内老朽空き家の撤去市町長に加速要請
池田豊人香川県知事は27日、老朽化して倒壊の危険などがある空き家の撤去について、「ペースを早めるように市町長へ直接働きかけたい」と述べ、市町を主体とした撤去の取り組みを加速させる考えを示した。老朽危険空き家の撤去に関しては、県は2017(平成27)年度から市町と連携して、解体費を補助している。

補助実績は、9年間で計1774件に上る。知事は「(空き家への対応は)市町の主体的な取り組みが重要」と述べ、首長への直接要請で撤去を加速させる考えを示した。県内の空き家が全国を上回る勢いで増え、空き家率が過去最高となったことを受けての決断となった。直接の代執行権者は、市町の首長となる。個人が放置している特定空き家の代執行も、視野に入れている。

高松市は毎年3月末に、今年1月1日現在の所有者等に出す『固定資産税請求書』郵便に、解体に関して補助金が出る旨の案内チラシを同封しているそうです。また不動産業者とのマッチング情報が、『空き家BANK』として入っています。全国同様、香川県でも空き家は増え続けており、1993(平成5)年3万9400戸(空き家率10.8%)が今回は9万1千戸(18.5%)と、30年間で戸数は2.3倍に膨らんでいます。

私は空き家になる理由を、高齢化社会にあると見、住まなくなる家は年と共に増えていきます。相続になってからの売却もありますが、築後40~50年の物件は人が使っていなければ朽ちるのも早いのです。また空き家の理由の一つは、解体費の高騰にもあります。SDGsが合い言葉になり、解体も分別回収等が言われ総額が高くなっています。こちらは時代の要請で、仕方がありません。

相続人としては、売却した土地代金が解体費を上回るならやろうかと決断しますが、逆ざやとなる場合には、追い金を出してまでとはなりません。しかし老朽化して放置された空き家は、安全面だけでなく、衛生面や景観上の問題もあります。空き家は放置していても、何の利点はありません。親や先祖様に対する感謝の気持ちで、解体することをお奨めします。

不動産登記も今までは、得するから自分名義に登記をするという制度になっていましたが、得をしなくなった今は登記が義務になっているのと同じように、解体も「放っておく」という選択が出来ないように、池田豊人香川県知事が言うように、窓口(矢面)の市町首長に頑張ってもらわないと、ねずみ算式に数は増えます。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=6363 |
| 社長日記 | 08:44 AM | comments (0) | trackback (0) |
香川用水通水50周年『友情の水』感謝の思い新たに県広報2024年6月号
『みんなの県政THEかがわ』(香川県広報誌)2024年6月号を手にした。何気なく開くと、『香川用水』に関連した記事があり、通水50周年を迎えると書かれています。1974(昭和49)年5月30日が記念日。年間降水量が少なく、古くから慢性的な水不足に悩まされていた香川県民の『吉野川の水を香川へ』という悲願は、四国四県が合意した早明浦ダム建設を中核とする吉野川総合開発計画と、多くの先人たちや水源地域の方々の理解と協力によって実現。『四国はひとつ』の心で送られる『友情の水』は、県民の暮らしや産業を支えてくれています。

香川の渇水、香川用水の歴史は古く、渇水は讃岐の稲作が始まった太古代からの悩みだったと想像出来ますが、記録では1885(明治18)年1月、後に瀬戸大橋構想を提唱した大久保諶之丞(おおくぼじんのじょう)が、内務省に吉野川導水計画(現香川用水計画)を提出したこと始まります。

戦後の1950(昭和25)年、内閣に設置された経済安定本部が初めて『吉野川総合開発計画』を発表し、12年後の昭和37年7月、四国四県の国会議員や知事らでつくる『四国地方開発審議会』で、『早明浦ダム』建設を中核とした吉野川開発計画の検討を開始しています。

そして1965(昭和40)年4月、建設省が河川総合事業として、早明浦ダムの建設に着手。最近聞いた話しですが、弊社オーナー様の一人酒井恭子(ペット同伴民泊業併設)さんは、御尊父が建設省四国整備局勤務であったため、高知県の早明浦へ転勤、自らも転校したと懐かしそうに話していました。早明浦ダムの動向は、私たち香川県民には身近です。地元紙には『今日の早明浦ダム貯水量(率)』が大きく掲載され、また関連イベント周知も行われています。

私も高松栗林ライオンズクラブ第38代山田照雄会長の2000(平成12)年秋に、導水トンネルを渡ってきた水を受ける香川県側の『香川用水記念公園』内施設を見学に行ったことを覚えています。また香川用水調整池宝山湖へは、オイスカ四国支部の周辺桜整備の作業で行きました。今年も、桜の下草整備等へ行く予定であります。香川県人に『水』は、どこの誰よりも身近な命の源であります。

このように早くから問題提起とダム建設が行われてきましたが、ダム完成の昭和48年11月10日前の2月19日、池田ダムから香川用水までの導水トンネルが開通し一息ついて油断したのか『高松沙漠』(高松地域に水飢饉が発生。日本一の満濃池から高松市へ、幹線水路を利用して緊急送水が行われて生き延びた)が発生。私は在学中の明治大学連の、高松まつり参加が中止になったことが記憶に新しいのです。

一連の水の流れは、高知県の早明浦ダムで集めた水が吉野川を下り1975(昭和50)年(早明浦ダム完成の2年後)に完成した池田ダムで受けて、導水トンネルを通って香川用水につながり、2009(平成21)年に完成した香川用水調整池『宝山湖』に貯水され、今では香川用水取水量80億トンを達成するに至っております。

私も昭和48年に早明浦ダムが完成し、50年に池田ダムが完成してから「これから高松沙漠はない」と確信していましたが、1994(平成6)年7月に『ヘイロク渇水』が発生し、一時早明浦ダムの利水容量がゼロに、見かねた島原LCから6月に散水車が届き、2005(平成17)年2度目のゼロと、2008(平成20)年3度目のゼロを記録し、宝山湖(1週間分の生活水貯水)の建設につながりました。その後今日まで平穏な生活を享受しています。香川用水取水量80億トンになりましたが、無駄遣いをすればまたぞろ4度目の地獄が待っています。

愛媛や高知に降った雨を高知県の早明浦ダムで集め、徳島県の吉野川を利用し、徳島県の池田ダムから香川用水に供給された命の水が県西部の豊浜町から東端の白鳥町まで県内くまなく供給されています。『四国はひとつ』と身勝手な理屈で、3県にお世話になっています。『友情の水』に感謝し、夏の節水に心したいモノです。



| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=6362 |
| 社長日記 | 09:09 AM | comments (0) | trackback (0) |
仏生山校区令和6年度運動会と来月の第41回門前まつり
6時から花火が上がっています。ドンドンどんと数は少ないのですが、早朝の静寂を破るのには、これで十分です。私もいつものトレーニングをと、置き上がるところでした。拙宅の横が通学路で、いつもは7時10分頃から登校する生徒の声が聞こえ始めますが、今日は早めの登校です。思いだしますが運動会や遠足会は嬉しくて、いつもより登校が早かった。今日はほとんどが、親御さんと一緒です。

ところは勿論小学校運動場ですが、校区運動会と言いながら各自治会(町会)からのテント張りはありませんでした。昼までにプログラムが終了し、閉会式が正午過ぎ行われ、清掃を最後に校区運動会は無事終わりました。私もお昼過ぎ顔出しをしましたが、もう片付けが佳境にかかっていました。弁当も給食もないのでは、この時間ですね。

わが町内からも、土曜日にテント設営が言われていましたが、結局テント設営なしに終わりました。「子どもがテントに入らないならいらない」というのが理由です。まだ『熱中症』の心配シーズンではないと思うのですが、校区イベントは控えめです。明日は代休ですから、子どもの声がないまま寂しく室内トレをやります。日頃は子どもらの声に、元気をもらっています。

標題の後部に記載のある『第41回仏生山門前まつり』が、今年は8月3日(土)16時から、初めてですがここ仏生山小学校の体育館・運動場で行われます。元々は地元商工会が主催し、コミュニティセンターや駅前で行われていましたが、『門前まつり実行委員会』が仏生山町民へ、さらに小学校PTAなど学校関係組織が中心になっていることから、小学校内での開催になるようです。

仏生山小学校はいま、もう一つの継続事業があります。校内に設置されていた遊具(ブランコ・滑り台等)が突然撤去され、市教育委員会に「新設する予定がない」と言われ、当時の校長が実行委員長として『子どもたちのために校庭に新しい遊具をつくろうプロジェクト』を立上げ、募金活動を継続中です。4月20日(土)現在4,325,400円、今一歩目標額が不足しています。門前まつりの収益金が、達成に貢献するかも知れません。

先のプロジェクトに、『NPO法人仏生山魂再開発フォーラム』も協力しています。また一昨年来コミュニティセンター横の新設駐車場用地を購入し市に寄付していましたが、最近やっと整備舗装業者の入札があり、まもなく着手されるようです。これが完成すると、駐車台数が増えて、コミュニティセンターの使い勝手が一段と向上します。今日は仏生山町あるある物語でしたが、ここは確実に良くなっています。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=6361 |
| 社長日記 | 10:43 PM | comments (0) | trackback (0) |
低廉不動産の報酬規定の改正
「宅地建物取引業者が宅地又は建物の売買等に関して受けることが できる報酬の額」の一部改正(案)について改定が予定されています。第1段としてすでに、400万円以下の不動産に関しては400万円上限の18万円(消費税別)まで売主から受領できるように改定されています。この度第2段の改正が、以下のように予定されています。国土交通省からの案(一部省略)を以下に添付します。

使用目的のない空家の数が増加を続ける中、早い段階から活用等の空家対策に総合 的に取り組むため、空家等対策の推進に関する特別措置法(平成 26 年法律第 127 号)の一部改正(令和5年 12 月施行)が行われた。さらに、新たな国土形成計画(令和5 年7月閣議決定)において、空家を活用した移住・二地域居住等の環境整備等により地方への人の流れの創出・拡大を図ることとされた。

このように、空家等の未利用不動産の流通の促進が喫緊の課題となっており、不動 産業の有するノウハウの活用や役割拡大が期待されている状況にある。 こうした状況を踏まえ、令和5年 12 月1日に開催された社会資本整備審議会産業 分科会不動産部会においては、不動産業における空き家対策の推進に向けた取組について議論が行われ、今後「不動産業による空き家対策推進プログラム(仮称)」の策定(本年中頃を目途)を目指し、さらに取組を具体化することとされた。

この一環として、宅地建物取引業法(昭和 27 年法律第 176 号)第 46 条第1項の規定に基づく宅地建物取引業者が宅地又は建物の売買等に関して受けることができる報酬の額」(昭和 45 年建設省告示第 1552 号)の一部を改正することとする。

2.概要 (1)低廉な空家等の売買又は交換の媒介における特例の改正 第七「空家等の売買又は交換の媒介における特例」を改正し、低廉な空家等(売買に係る代金の額(消費税等相当額を含まないものとする。)又は交換に係る宅地若しくは建物の価額(消費税等相当額を含まないものとし、宅地又は建物の価額に 差があるときは、これらの価額のうちいずれか多い価額とする。)が 800 万円以下 の金額の宅地又は建物をいう。)の売買又は交換の媒介に関して依頼者から受ける 報酬の額(消費税等相当額を含む。)については、宅地建物取引業者は、第二「売買又は交換の媒介に関する報酬の額」の規定にかかわらず、当該媒介に要する費用を勘案して、第二の計算方法により算出した金額を超えて報酬を受けることができることとし、この場合において、当該依頼者から受ける報酬の額は 30 万円の 1.1 倍 に相当する金額を超えてはならないこととする。

(2)省略

(3)長期の空家等の貸借の媒介における特例の創設 第四「貸借の媒介に関する報酬の額」の特例として、長期の空家等(現に長期間 にわたって居住の用、事業の用その他の用途に供されておらず、又は将来にわたり 居住の用、事業の用その他の用途に供される見込みがない宅地又は建物をいう。) の貸借の媒介については、宅地建物取引業者は、借主である依頼者から受ける報酬 の額が借賃の1ヶ月分以内(居住用の場合は 0.5 ヶ月分以内(媒介の依頼を受ける に当たって借主の承諾を得ている場合を除く。))である場合に限り、第四の規定 により算出した金額を超えて、合計で借賃の2ヶ月分までの範囲で報酬を受けるこ とができることとする。

(4)省略

(5)その他 ① 上記(1)から(4)までの改正に伴い、所要の規定の整理等の措置を講ずる。 ② なお、媒介契約の締結に際しあらかじめ、上記の上限の範囲内で、報酬額につ いて依頼者に対して説明し、合意する必要があることを「宅地建物取引業法の 解釈・運用の考え方」(通達)に明記する。

3.今後のスケジュール 公 布:令和6年6月中(予定) 施 行:令和6年7月1日(予定)


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=6360 |
| 社長日記 | 08:43 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑