■カレンダー■
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月 2019年10月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2068003
今日: 253
昨日: 2228

多川修さんの通夜葬儀告別式初七日
又従兄弟、多川夫光子さんの旦那様が、享年61歳で鬼籍に入りました。満60の還暦ですよね。余りにも早すぎる逝去です。

私も冠婚葬祭でお会いする程度でしたが、とにかく酒好きの人の良い男性でした。高松町の旧家の生まれで、お父様は叙勲を受けていました。

ご本人は見栄や名誉に全く関心が無く、香川町郵便局勤務でした。5年早く定年して、夫光子さんと、自宅を改装して食堂というかレストランというかビストロというか、昼定食を中心に近所の主婦層に愛されていました。

印象的だったのは2人のお嬢さんの教育です。親子というか、宗教家というか、師弟というか、いずれにしても天衣無縫、のびのびと育てていました。そのお二人が入棺の時から泣きじゃくり、通夜の席でも友達と泣いていました。

2人とも伴侶と候補を得て、その際も父親の反対は全くなかったと聞いています。本人は常人の3倍程度の酒を飲んで天国へ行ったと思います。

長渕剛の歌が、式場に流れていました。好きだった歌だったようです。似合わないというと怒って、文句を言いに来てくれるかな。「一杯やろう」と言いながら・・・。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=484 |
| 社長日記 | 07:13 PM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑